【犬のブリーダー】2020年末に子犬を産む予定です!【告知】

この記事は約2分で読めます。

筆者の愛犬(トイプードル雌)は、2020年内にヒート(発情期)が来ると思います。わが家は「避妊手術はしない方針」なので、愛犬は一生のうちで数回(2回程度)は、出産をさせるつもりです!! 「生まれてくる子犬」を、しっかりと育てていただける方にお譲りしようと考えています!!

【犬のブリーダー】2020年末に子犬を産む予定です!【告知】

筆者の愛犬トイプードル(レッド)のミアモ(2019年7月20日生まれ)は、2020年内には、子犬を産ませるつもりです。

・雌犬の避妊手術をしないと決断したので
・一生のうち、幾度かの出産&育児をさせたい(ミアモの健康及び生活のためにも)

信頼がおける飼い主に子犬をお譲りしたい!!

ミアモの出産に際しては、産まれるであろう3匹のうち2匹を、信頼がおける飼い主に譲ろうと思っています。

筆者自身、ミアモを飼う1年前から「ドッグトレーニング」を受けてきて、現在も受講中ですが、ミアモの子どもたちを、信頼がおける方に飼っていただきたいと考えています。

以下のような関係性が成り立つ飼い主様が現れたら、是非、お願いしたいと考える次第です!!

 

ブリーダーが飼い主を選び、飼い主がブリーダーを選ぶ!!

シーザー・ミランは、アメリカの超有名なドッグトレーナーですが、その書籍『How to Raise the Perfect Dog』からの抜粋です。以下のような飼い主様との出会いがあれば、子犬を譲りたいと思っています。

【筆者のブリーダーとしての基準項目】
・自分の所から出て行った犬は、何年経っていても、万が一その子の飼い主さんが犬の世話をできなくなった場合は引き取る
・新しい飼い主や、犬との関係を切らずにその後のチェックを行う
・犬の育て方、環境、食べ物などの教育を行う
・犬を飼いたい人の生活スタイルがこの犬種の性質とマッチしているか確認する

 

スポンサードリンク

まとめ:ブログサイトで愛犬「ミアモ」の生活を赤裸々にします!!

このブログサイトと、近く始めるYouTubeで、愛犬ミアモの生活の様子をお伝えします。

『トイプードルの子犬が欲しい…』と検討されている方がおられましたら、このブログをご覧の上、前述の条件などが合えば、子犬をお譲りします。

 

追伸:筆者は、ペットショップでトイプードルを飼いませんでした。
ブリーダーからの直接販売で「トイプードルのオーナー(飼い主)」になりました。
その理由は ↓こちらをご覧ください。

 

スポンサードリンク
可能であれば「シェア」していただければ嬉しいです❕
とっくんをフォローする
【資産に変える!!】不動産投資実体験ブログ by 不動産屋の2代目社長とっくん
タイトルとURLをコピーしました