【犬の軟便】ドッグフードのチェンジが原因か?その他の対策は?

この記事は約3分で読めます。

わが家のトイプードルの子犬「ミアモ」がエサを変えてから1週間が経ちました。ドッグトレーナーからは『これまでのエサを違うので、おなかの調子が悪くなると思います・・・』と言われていたのですが、軟便が続くので、元のエサに戻すべきか? と思案中です。

皆さま、こんにちは。犬の便の処理で少々疲れている、不動産屋2代目社長のとっくんです。

【エサを変える】犬の消化機能が慣れるまで「軟便」になる!!

皆さまも、犬と一緒に生活されている方は「軟便」に頭を悩ませておられる方は多いかと思います。

わが家のトイプードルの子犬(7月20日生まれ)は、9月25日にわが家に来ましたが、当初は『アーテミス』のパピー用を食べていました。

↑ ミアモちゃんが食べていたドッグフードです。

「空輸」でミアモは、ブリーダーの所から送られてきましたが、その際、『アーテミス』の1週間分が一緒に送られてきました。

そして、今から1週間前に、ドッグトレーナーのアドバイスもあり『ヤムヤムヤム(YumYumYum!)』のチキンタイプに変えました。

『ヤムヤムヤム』は栄養価満点なので、これを食べている「ミアモ」はいたって元気です。ただし、おなかの調子があまりよくありません。軟便が多くなりました。

 

前のエサと現在のエサと混ぜて消化器に慣れさせる!!

犬も人間も「軟便」になるには、ナニかしらの理由があります。

ただし「軟便」は病気や感染症の症状ではなく、食生活、繊維不足、不適切な食物を与えた場合などに起こります。

このほか、ドライタイプのドッグフードからウエットタイプに変えた際にも起こると言われています。

新しいエサに変える際は、時間をかけて行うべき!!

さまざまな犬の本を読んでいたら、『新しいエサに変える際には、新しいエサを今のエサに少しずつ混ぜて行き、今のエサを少しずつ減らして与え、少なくとも4~5日かけて変えるように・・・』と書かれていました。

消化を助ける腸内フローラが新しいエサに慣れるようにします。このほか、高たんぱく食、例えば牛肉、鶏肉、高たんぱく質のドッグフードなども軟便の原因になるそうです。タンパク質を消化する副産物として、水分が腸から排出されるからです。
また、小麦主体のドッグフードや小麦を多く含む食品も軟便の原因になります。

そこで、急きょ、以前食べていたドッグフード『アーテミスパピィ用』を注文しました。

 

スポンサードリンク

まとめ:新旧の混合のエサを与えてみます!!

とにかくミアモの便が正常に戻ることを期待しつつ、観察を続けたいと思います。

スポンサードリンク
可能であれば「シェア」していただければ嬉しいです❕
とっくんをフォローする
【資産に変える!!】不動産投資実体験ブログ by 不動産屋の2代目社長とっくん
タイトルとURLをコピーしました