事故車買取【㈱タウ】高値査定!【100カ国以上の海外売り先】

賢い消費者
この記事は約4分で読めます。

これだけ自然災害が多くなると『事故車や故障車』の処理に困っている人が多いと思います。そこで今回のブログ記事では、事故車などを「査定」から「売却」までワンストップでできるサービスを紹介します!!(トップ写真は今夏の大雨での冠水です)

皆さま、こんにちは。今夏の台風によって近所で冠水して故障や廃車になった車が多数見られた、不動産屋2代目社長のとっくんです。

 

愛車が【突然の事故や故障】で壊れたら、皆さまはどうしますか?!

先日はうちの父親が車の左面を自損事故でガシッっとやってしまいました。
高齢者の運転は、自損・対物・対人などの事故に限らず、運転のリスクを考えなければなりません。

このほか、自然災害によって、愛車がダメになる!!というケースもあります。

冠水した車は【廃車】になるケースも?!

冠水車は、外見に損傷が出にくいため、修理個所の判別が難しいと言われます。平地でも「海水」に浸水した場合 は「金属腐食」が危惧されます。

「金属腐食」は徐々に進行するので、いつ不具合が発生するか分からないという「不安要素」となります。中古車として販売しても買い手が極端に少なくなるため、思うような下取り金額にならないのです。

これ以上の「水没した車」は独特の臭いが残ります。ルームクリーニングと消臭代金に何万円もかかることもあります。

【冠水車or事故車など】修理代と買い替え費用との比較?!

それぞれのケースで修理代が異なるので「廃車や売却が良い」とは言えませんが、修理の見積を数社分を取ったとしても、それなりの費用がかかると判断できた場合、「買い替え費用」との比較をするかと思います。

事故車の買取実績No.1

㈱タウ【事故や災害車】を海外に販売するというビジネスモデル!!

㈱タウのシステムは『事故車や災害を受けた車(損害車)』を海外に販売するというビジネスモデルです。

㈱タウ『台風19号による被災車両およそ100,000台と予測』

損害車の買い取り台数で業界シェアNo.1の株式会社タウ(本社:埼玉県さいたま市、代表:宮本明岳)は、関東地方や東北地方を中心に、東日本各地に甚大な被害をもたらした台風19号により被災した地域の復旧活動に貢献すべく「災害対策本部」を設置し、水害車両の引き取り対応を強化しています。(㈱タウの公式HPから転載)

■概要
•発生台数見込      約100,000台
•当社引取台数見込    約15,000台
•臨時モータープール   最大7ヵ所設置
•被災地復旧支援チーム  総勢100名派遣

㈱タウの公式HPから転載
https://www.tau.co.jp/company/news/32692

㈱タウが選ばれる5つの理由

以下、㈱タウのWebサイトからの転載です。

業界最大級の実績

年間9.8万台以上の買取実績!メディア掲載実績も多数!

どんな事故車も高価買取

平均買取価格は約35万円。年式と事故の程度次第で100万円以上の買取可能!

全国どこでも迅速対応

全国23拠点・約150名の専任スタッフが出張査定!お電話での金額提示もOK。

信頼取引をお約束

初めての事故車売却もご安心。売却のお悩みは24時間相談窓口へ。

手数料は全て無料

出張査定・車両引取など手数料は0円!お客様に頂く代金はございません。

 

㈱タウは【海外への販売ネットワーク】が充実!!

このビジネスモデルの根幹となっているのは「海外への販売ネットワークの充実」ですね。

世界100カ国以上への販売ネットワーク
販売先国
・アジア27カ国
・中南米25カ国
・オセアニア7カ国
・ロシアなど地域12カ国
・ヨーロッパ地域19カ国
・その他地域22カ国

㈱タウのサイトから転載

 

スポンサードリンク

まとめ:【事故車等の売却先】ユーザーが仕組みを理解しておく!!

事故車等の「売却先」には様々なタイプがあるため、皆さまご自身がその特徴を正しく理解しておくことが重要です。

売却先or廃車先の比較はメリットとのデメリットがあるので、↓ 下記のバナーをクリック。



このサイトには、さまざまな説明がされているので、じっくりと読んだ上で、事故車等の買い取り先を探されたらと思います。

今回も最後までブログ記事を読んでいただき心より感謝しております。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました