【fc東京 鳥栖】誤審ゴールで鳥栖勝利!FC東京抗議審判無視

スポーツ
この記事は約3分で読めます。

スポーツの世界では「誤審」があることですが、10月5日のJ1リーグ第28節の『サガン鳥栖vsFC東京』戦の誤審はあまりにもセンセーショナルでした。後半ロスタイムでの決勝点、しかも〝誤審のの三重奏〟ということで、海外のメディアでも取り上げられています!!

皆さま、こんにちは。DAZNでJリーグの試合は見ている、不動産屋2代目社長のとっくんです。

【fc東京 鳥栖】誤審ゴールで鳥栖勝利!FC東京抗議審判無視

トップ写真にはDAZNの試合からのスクショですが、映像としてご覧になりたい方のために問題のシーンの動画を転載しておきます。

【公式】ハイライト:サガン鳥栖vsFC東京 明治安田生命J1リーグ 第28節 2019/10/5

問題のシーンは、動画の2分5秒すぎからです。



【試合の流れ】サガン鳥栖vsFC東京戦

首位のFC東京がリーグ16位サガン鳥栖のホームでの試合です。サガン鳥栖は、今シーズン低迷し、現在は「J2降格圏内」です。

試合は前半0-0で折り返し、後半4分、FC東京は右CKが、直接ゴールして先制。サガン鳥栖は後半41分、右サイドからのクロスをFW金崎夢生がヘディングで合わせて、相手DFに当たって跳ね返った、こぼれ球をFW豊田陽平が左足ボレーで押し込み、1-1の同点。

そして、問題のシーンが、後半アディショナルタイム5分でした。ラストプレーと言えるタイミングで、鳥栖は敵陣左サイドでFKを獲得。キッカーのFW小野裕二が右足でクロスを送り、ファーサイドに走り込んだDF高橋秀人がヘディングで折り返しました。

ボールはゴール前に走り込んだ豊田を直撃、明らかに豊田の左腕にボールが当たり、こぼれ球をMF金井貢史が押し込み、これが〝決勝ゴール〟となりました。

 

【DAZN】でこの試合を見てください!!

サッカーファンのほとんどは「DAZN」を契約されていると思いますが、これからサッカーを本格的に楽しみたいという方は、是非、この機会に「DAZN」を申し込んでみてください。

↓ をクリックしたら簡単に手続きができ、「登録」すればすぐに試合を見ることができますよ。

 

 

誤審の〝三重奏〟は世界的に珍しい!! スペインでも話題に!!

サガン鳥栖の〝決勝ゴール〟ですが、3つの誤審が重なった〝三重奏〟でした。

試合終了直前、しかも

①豊田のオフサイド
②豊田のハンド(新ルールでは意図的でなくても手にボールが当たって得点が生まれたらハンド)
③金井のオフサイド

どれもこれも、『見たら分かるだろ!』という〝3つの誤審〟が重なっていますし、副審もしっかりとプレーが見られる位置にいますし、まさに『???』のシーンでした。

あまりのケタはずれの〝誤審〟に、本場スペインの新聞も取り上げたくらいです。

 

スポンサードリンク

まとめ:サガン鳥栖の〝ウラ歴史〟に残る誤審だった!!

この映像は記事は、スペイン『マルカ紙』のネット版でも取り上げられました。

スペインでは、「サガン鳥栖」は元スペイン代表のフェルナンド・トーレスの最後のクラブ」として知名度があります。日本での報道を受けて、すぐにスペインでも『疑惑のゴール』として記事を掲載しました。

最後に『サガン鳥栖』は仮に、この勝利のおかげで「J2降格を免れた」としても、この試合はクラブの〝ウラ歴史〟に残るのではないでしょうか?!

関係者にとっては、かなり後味の悪い試合でしたね。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました