【有益な情報とは?】ブログ信頼性とインフルエンサーの発する情報で

ブログ
この記事は約5分で読めます。

このブログサイトのテーマは、身の回りのモノ・コトを【資産(=お金を産み出す仕組み)に変える】というものです。今回のテーマは『有益な情報、情報の価値とは?』です。これを考えるきっかけとなったのは、世界中で猛威を振るっている「新型コロナウイルスの拡大」でした。

とっくん
とっくん

新型コロナウイルスの拡大ですが、遂に、芸能界の大御所の志村けんさんまで『コロナウイウスに感染して入院』と報道がありました。このことで、今後、日本人の「コロナウイルスへの危機感」が急激に高まると思います。

【有益な情報とは】ブログ信頼性とインフルエンサーの発する情報で

世の中の「情報」というのは、客観的に伝わるのではなく、受け取る側のフィルターを通して主観的に伝わっていくものです。

ですから『コロナウイルスの危険性』でも、受け取る側が“自分のこと”として考えた場合に、その意識は大きく変わってきます。

 

 

ブログやSNSでの「コロナウイルス関連情報」の発信は賛否両論が‼

2020年2月、とある有名ブロガーでYouTuberが「コロナウイルス」をチャンスととらえるような内容のツイートをして炎上しました。内容は以下のようなものでした。

現在はブロガーにとってチャンス。言うまでもなく、コロナ。
初心者ブロガーなら、例えば「コロナウイルスに関する必読記事10選」とかを書けば、かなり読まれやすいはず。

 

恐らく、書いた本人は、コロナウイルスに関する間違った情報をまき散らすような行動を勧めたのではなく、こういう難局も良い方向に向かうように…という気持ちで読者の気持ちを鼓舞したのかと思います。

しかしながら、わずか140文字のツイッターの表現の中では、別の「解釈」が生じる隙がある書き方でした。

 

 

【SNSなどの常套手段】世間の常識か⁈ ~炎上商法、相乗り商法~

筆者自身も、ブログサイトを運営していて、日々、アクセスを増やすための工夫を仕掛けをやっています。

具体的に言えば…。ツイッターの活用で、自身のツイートで、ブログ記事の宣伝をしています。また、アクセスが多い人にリプライをすることで、筆者のアピールをしています。時には、こうした手法を嫌われて「ブロック」されることもあります。

一方で、ブログやSNSで「インフルエンサー」と呼ばれる人たちは、筆者以上にこうした手法を駆使して、自らのマーケットを拡大してさせてきました。

YouTuberではそれが顕著で、例えば、ある人が【関わってはいけない人5選】というタイトルで動画をアップした途端、別のYouTuberが「同じタイトル」で動画を作る動きがバッと広がりました。

こうした“連携”は至るところで見られています。

 

インフルエンサーが発する情報の確度は⁈ ~有益な情報なの⁈

ところで、筆者自身も、ブログとツイッターなどで、自らがインフルエンサーになることを目指しているので「インフルエンサーの存在そのものにケチをつける」ことはしません。

ただし、そこには情報を発信する者なりの流儀があって、筆者は自分なりの基準があります。

 

 

【ブロガーとしての目標】インフルエンサーになって有益な情報を発信!!

現在、筆者は不動産屋が本業で、本業と同時に「不動産投資」をやっています。

ブログサイトの運営は、本業を中心として「趣味・趣向と実益を兼ねた」ものです。先日、以下のようなツイートをしました。

 

これは筆者の実感です。多くの人のブログ記事やSNS情報を読んだ限りでの“感想”です。

 

【ブロガーとしての矜持】収益よりも情報の有益性を重視!!

既に何度も書いてきたことですが、筆者の場合は「収益よりも目的ありき」のスタンスです。

【この「実体験ブログ」の特徴】
 ・匿名ブログ→仕事柄、守秘義務が多いため
 ・実体験ブログ→実話です
 ・お役たち度→全力でがんばります!
 ・ オリジナリティ→すべて筆者が書いています。外注なし!

「インフルエンサーになりたい」という目標は、あくまでも自身が提供する情報自体が社会に貢献するものであるか・・・を問うた結果であり、その自信があるので、目指しているものです。

ブログサイトで稼いでいようがいまいが、それは、筆者が発する情報の有益性を表しているものではありません。

 

 

スポンサードリンク

まとめ:ネット情報は受け取る側のリテラシーにも期待!!

最後に、情報に関する「リテラシー」がどのように高まっていくか?ですが、これは端的に言って、『情報を受け取る側が真剣に情報を吟味するするようになること』です。

冒頭のコロナウイルスの拡大にしても、自分のこととして考えてない人にとっては、あくまでも別世界のことです。

情報リテラシーが高い人が集まると、情報発信者の質も上がってきます。両者は相互作用によって競うように高めあうことができます。

筆者の記事数は650本を超え、最も多いカテゴリーの「不動産の記事」は、150本を超えています。

これからも「不動産投資」で筆者自身が実践していること、リアルタイムの動きなどを記事にしていくつもりです。有益な情報を発信するためにも、読者の皆さまとの良い“連携”をしていきたいと思っています。

 

 

本日も、ブログの最後までお読みいただきココロより感謝しております。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました