【トイプードルのカット】自宅でできる手入れとカットの頻度は?

この記事は約5分で読めます。

トイプードルは「カット犬種」と言われます。毛が抜けない代わりに、ふだんから手入れをしておかなければすぐに「毛玉」ができます。先日、ドッグトレーナーに訪問していただき「クシの使い方」を習いました。

皆さま、こんにちは。トイプードルの子犬の「手入れ」が楽しい、不動産屋2代目社長のとっくんです。

防音犬小屋【オーダーメイド工房】ペットの騒音トラブルに有効!
【ドッグフード】トイプードルの子犬におススメ【ヤムヤムヤム】
【犬・トイプードル】子犬販売のブリーダーになる最速の方法?!

【トイプードル】カットの頻度は?自宅で出来るお手入れとは?

わが家のトイプードル「ミアモ(女の子、7月21日生まれ)は、まだ2度目のワクチン注射が終わっていないので、現時点では専門の「カット&トリミング」は受けることができません。

なので、自宅での「手入れ」の仕方を習おうと、先日、ドッグトレーナーに来ていただき、クシの使い方(ブラッシング)の講習を受けました。

【トイプードル】定期的な「カット&トリミング」は必須!!

犬種の中でも「トイプードル」は、定期的な「カット&トリミング」は必要です。自宅でできる技術があればいいのですが、まずはムリなので、専門の「カットショップ」に頼むことが必要です。

【トリミングに出す理由としては】
・毛が伸びる→毛玉ができる
・爪が伸びる→切らないと危ない
・肛門腺が溜まる→専門家に処置をしてもらう
・耳の毛が伸びて、汚れがたまる→きれいにする

これらを、放っておくと病気になることがあるので、専門のトリマーに任せるべきでしょう。

頻度としては『月に1度のペースで・・・』と、ドッグトレーナーは話していました。

動物病院でもやってくれること!!

犬は定期的な注射などで「動物病院」を受診することが多いですが、以下のようなことは、動物病院でやってもらえることがあります。

・爪切り
・肛門腺絞り
・耳掃除

また、慣れてきたら家でもできます。ただし、やる前には必ず専門家の指導を受けてからにしてください。

トイプードルの「毛玉」は甘くない!!

これは、ドッグトレーナーに指導されました。トイプードルは、大体1カ月に1~1.5cmくらい毛が伸びます。

例えば、専門の「トリミングサロン」でに1cmくらいで揃えてもらったとしても・・・

【毛の長さはどのくらい伸びる?】
トリミングサロン直後 1cm
・1カ月後 2~2.5cm
・2カ月後 3~4cm
・3カ月後 4~5.5cm
・半年後 7cm~10cm

人間の髪の毛以上に、犬の毛は伸びます。しかも、手入れをしておかないと「毛玉」がすぐにできます。毛玉は、毛がこすれて摩擦によってできます。毛が伸びれば伸びるほど、摩擦が強くなってより「頑固な毛玉」になってしまうのです。

自宅で「シャンプー」したとして、半乾きのまま放置すると「毛玉」や「毛の塊」となって取れなくなってしまいます。

トリマーは毛玉を取るために長時間の〝格闘〟をする!!

このことは、うちのワンちゃんを飼う前にトリマーさんにインタビューをしてきた内容です。

しつこい「毛玉」はハサミで切るとハサミが壊れることもあります。また、犬の肌は人間の肌よりもはるかに薄いので、「スリッカー」を長時間やると皮膚が傷ついてしまうことにもつながります。

当然のことながら、「カット&トリミング」の費用も、「毛玉」がある場合には追加料金を取られます。

↑ ミアモちゃんが食べていたドッグフードです。

【トリミング&カットの頻度は?】月に1回がベター!!

これは、現段階でわが家が出した〝結論〟です。

月に1回のペースはコスト的には高いのですが、仮に「良いトリマー」と出会うことができたら、ワンちゃんも慣れてきて、「カット&トリミング」の作業が短く済み、ワンちゃんのストレスも少なくて済みます。

カット&トリミング料金の平均は?

これは、それぞれの地域の「相場」と、トリマーの腕やランクがあるので一概に言えませんが、ネットなどの情報によると以下のようなことが書かれていました。

           都心部         地方
トリミング代      6,000~12,000円   5,000円~10,000円
毛玉代などの追加料金  1,000円~4,000円    500円~2,000円
合計          6,000円~16,000円    5,000円~12,000円

大体の相場なので、詳しくは、皆さまの地域のトリマーさんに聞いてみてください。

 

自宅でできる【お手入れ】の仕方とは?

おうちで出来るお手入れの仕方は、まずは「ブラッシング」が基本です。

ブラッシング

毛玉対策や、体の異常を発見することもできるブラッシングです。これは「スリッカー」を使ってやりますが、とっくんは、ドッグトレーナーを自宅に呼んで講習をしてもらいました。

日々、ゆったり・ゆっくりとブラッシングをやっていますが、ようやく慣れてきました!!

そして、できることならば・・・

・脇
・耳の付け根
・お腹の裏あたり
・腿の付け根

・・・の毛玉がなければ、「カット&トリミング」に出しても追加料金が取られないことがほとんどないそうです。

ちなみに、わが家では毎日1時間かけてブラッシングをやっています!!

シャンプー

これは、まだわが家ではやっていません。なので、ここでは書くことはできませんが、ミアモ(うちのワンちゃん)が下痢をした際には、足を洗面所で洗いますが、その際、肛門周りもお湯で洗ってやります。

シャンプーは、最初のうちは大変なので、「カット&トリミング」でやってわが家ではやらないようにするつもりです。

追伸:筆者は、ペットショップでトイプードルを飼いませんでした。
ブリーダーからの直接販売で「トイプードルのオーナー(飼い主)」になりました。
その理由は ↓こちらをご覧ください。
  

スポンサードリンク

まとめ:ブラッシングも子犬にとっては「遊び」の延長で!!

子犬はとにかく常に動き回ります。なので、ブラッシングを1時間もやるのは大変に見えます。わが家では、ミアモが眠たくなった時間帯で、しっかりと遊ばせた上で、膝の上に乗せてやっています。

ドッグトレーナーが指導してくれたやり方を忠実に守って、肌を傷つけないように、細心の注意をはらいながら、語りかけながらやっています。

トイプードルのような「カット犬種」が身体を触れることを嫌がったり、ブラッシングを嫌いになったりしたら、ワンちゃんも飼い主も〝不幸せ〟になります。

なので、わが家でのブラッシングでは、ワンちゃんが嫌がることがないように慎重にやっています!!

記事を最後まで読んでいただき、心より感謝しています。

↓ペット用品は通販で買っています。

スポンサードリンク
可能であれば「シェア」していただければ嬉しいです❕
とっくんをフォローする
【資産に変える!!】不動産投資実体験ブログ by 不動産屋の2代目社長とっくん
タイトルとURLをコピーしました