【全日本少年サッカー大会】指導者がするべき【唯一の指導】とは

スポーツ
この記事は約10分で読めます。

筆者は「サッカー」には大変、お世話になりました!! かつて、Jリーグクラブでも働きましたし、息子もサッカーをやっています。今回は『JFA 全日本U-12サッカー選手権大会(以下「全日本少年サッカー大会」と称す)を通して、選手育成の課題について語ります!!(トップ写真は【ジュニアサッカーを応援しよう】サイトから転載)

【全日本少年サッカー大会】指導者がするべき【唯一の指導】とは

小学生年代のサッカー育成は『試合に出すことで選手を育てるべき』です!! 筆者の持論です。いきなり、結論を書きました。

この意見は、これは筆者だけの意見ではありません。

トップページ写真は、2017年04月19日に【ジュニアサッカーを応援しよう】サイトに掲載された記事です。JFA(日本サッカー協会)のトップ田嶋幸三氏のインタビューですが、以下に引用転載をするので、是非、お読みください。

――一方で田嶋会長は決勝戦後に、選手交代の少なさに関しても言及されていました。16人がベンチ入りしている中で、決勝戦で途中出場した選手はセンアーノが0人、マリノスは1人でした。

「8人制に変更した当初は、15分間の3ピリオド制だったんです。ベンチ入りする16人全員が試合に出られるように、必ず1ピリオドは使って欲しい、その代わりにどのような起用方法でもいいというレギュレーションにしたわけですが、煩雑などといった指導者の方々の声を受けて前後半のフリー交代制に変えました。その途端に、先発させた8人をほとんど変えなくなってしまったんです。決勝戦もそうでしたが、だからこそ観戦していてすごく残念な思いに駆られたわけです。

11人制から8人制へ変わってから、試合に出るチャンスが逆に減ったという声が僕のところに届くようになりました。すべての試合がそうとは言いませんが、11人制の時も選手交代が少なかった。だからこそ、より多くの子どもたちが関われるように8人制に変えたはずなのに、そんなことがあるのかと当初は思っていましたが、理由がよく分かりました。多くの子どもたちのレベルを上げていくためには、本来ならば選手をどんどん代えて、ベンチ入りしているみんながサッカーに関われるようにするべきなんです。

――毎年ゴールデンウイークに開催され、JFAも後援されている「JA全農杯チビリンピック小学生8人制サッカー大会」は1ピリオド12分間の3ピリオド制で行われています。JFAとして、全少における選手の起用方法に対して何らの指導を行うことはあるのでしょうか。

「すべては指導者にかかっています。3ピリオド制で行われていた時は、ルールで決められていたわけです。それを前後半制に変えた途端に、だんだんと8人しか使わないサッカーになっていった。またルールで縛る必要があるのでしょうかと、指導者の方々に問いたいですね。僕たちとしては再びルール化するようなことはしたくありませんが、そこはもう少し考えて欲しいという思いがあります」

https://jr-soccer.jp/2017/04/19/post62466/2/ から記事転載

 

 

【小学生年代のサッカー育成】は未来につなげる土台を作るべき!!

このブログサイトの読者様は主に「投資」に関して興味がある方が多いと思います。ただし、筆者自身は、職業のキャリアとしてJリーグ入りを狙う外国人選手の代理人、Jリーグクラブ広報担当、その他、企業支援の仕事では、プロサッカーチームの支援を担当しました。

そして、息子もサッカーをやっていることから、少年サッカーの育成にも関わりました。

 

 

【小学生年代】で試合に出られないとその選手はどうなるか?

筆者の息子も「全日本少年サッカー大会」には参加しました。某都道府県の代表チームに所属していました。ただし、試合の出場時間はほとんどありませんでした。

筆者は、大会前に、このチームの指導者に『息子を試合に出場させないようだったらチームを辞めるので…』と申し入れをしていました。

 

 

小学生年代の親の『わが子を出場させろ!!』は育成論?orクレーム?

筆者は今でも、自分がやったことは、選手の育成論だったのか? 単なるクレームだったのか?このことを考えてしまいます。

ちなみに…ですが、筆者の関わってきたサッカー関係者には…

・昔働いていたJリーグクラブの選手の中には、現在はJクラブで監督、日本サッカー協会で指導者となっている者もいる
・昔の同僚の中には、プロサッカー界の経営分野で活躍している者もいる
・筆者が個人的なつながりで全国の「サッカー指導者」とも付き合いがある

持論+各指導者との意見交換で得たものは?

筆者の持論は『小学生年代のサッカー育成は「試合に出すことで選手を育てる」べき』というものですが、知り合いの指導者らと意見交換をして得たものは…

・原則は筆者の持論どおり
・しかしながら「試合の勝負優先になると難しい」

この2つの意見でした。

 

議論はさらに『小学生年代』の育成で最も重要なこと!!

現在のサッカーはかなりレベルが高くなってきています。これは他のスポーツにも言えることです。技術のレベルが20、30年前と現代とは大きく進歩を遂げたのです。

昔のサッカー界では、中学校からサッカーを始めた人がその後日本代表選手になった事例があります。今の時代は、そうしたことはかなり稀だと思います。

ということは、プロサッカー選手になる人は、少なくとも「小学生年代」からサッカーを始めた人たちです。その年代の子どもたちに指導者やチームがやれることはタダ一つです!!

【サッカーを好きでいてくれるようにすること】です。

この意見に関して、筆者が意見交換したサッカー指導者らとの相違はありませんでした。

 

日本サッカー協会の田嶋会長が語ったこと!!

筆者は、田嶋会長と深い付き合いはありませんが、2度ほど会ったことがあります。サッカー協会の仕事の中で、長く「指導者育成の分野」で活躍してきた人です。
2015年12月の会長選挙では、田嶋氏は「育成の重要性が柱」とする意見を表明して、対立候補で「日本代表強化が柱」とする原博実専務理事(当時)を破って会長に選ばれました。

田嶋さんは、育成に関しての「思い」と「理論」を持っている人なので、冒頭のインタビュー記事のように語ったかと思います。

 

子どもの成長に応じて「試合」の使い方も異なる!!

ここからは筆者の持論であり、意見です。賛同できない方もおられるかと存じますが、あくまでも「意見」なのでご了承ください。

・小学生年代の育成→サッカーを楽しめる環境におくべき。試合で育成する
・中学生年代の育成→サッカーの“職業観”の醸成。フィジカル応じて試合を活用するべき
・高校生年代の育成→参加しているチームにおける勝負の重視。サッカー進路との関わり

一般的に「思春期」となる子どもたちは、小学生後半から中学生にかけてです。

中学生のサッカー育成は「部活動」「クラブに所属しての活動」に分かれますが、年代別の日本代表は、ほとんどがJリーグ下部のクラブです。

こうした中学生年代においては「職業観の醸成」として、今後、プロサッカー選手としての道を歩むのか?別の道を選ぶのか?を、選手本人が意識する時期でもあります。

小学生のころは、漠然とした将来の夢で「プロサッカー選手になる!!」と宣言していた子どもも中学生になると現実的な気持ちを持ち、誰もが「プロサッカー選手になる」と言えなくなります。

そこで、筆者は「試合の使い方」特に、指導の分野で【公式戦】をはじめとした緊張感のある試合をどのように選手に経験させて育成に役立てるか―を考えています。

 

小学生年代は「ベンチ入りのすべての選手」が試合に出場するべき!!

繰り返しになりますが、小学生年代は『すべてのベンチ入りの選手が試合に出場する』のがテッパンです。

中学生年代になると、それ以外の方策もあるかと思います。高校生年代はさらに「勝負重視」という形になることでしょう。

うちの息子の場合、小学生の中学年までは街クラブではエースだったのですが、3年生の冬にセレクションを受けて有名チームの一員となり『勝つことが義務付けられているチーム』の中で育成をしてもらいました。

指導の際の良い面も数多くありましたが、他の子どもに比べて身体の成長が遅く、公式戦には出る機会が少なくなり、全国大会などでは「遠征には同行するものの、ほとんど試合に出られない状況」が続きました。自己否定から始まり、サッカーが嫌いになり、最後は、親子共々、そのチームのことが嫌いになりました。

 

私案:すべてのベンチ入りの選手を試合に出場させるために!!

ここからは「筆者の私案」です。既に一部の指導者や県協会には提案書を送っています。

・指導者ベンチ入りの選手全員を試合に出すこと
・試合は20分ハーフで、前半のみ『チャレンジタイム』を設定する
・チャレンジタイムは10分以内で、その際、ベンチ入りの選手すべてを使う
・チャレンジタイムだけの勝敗で、その後の試合のアドバンテージ(例:勝者側が1点加算等)
・大会それぞれの独自ルールで運営する

「全日本少年サッカー大会」など規模が大きい大会で、スポンサーがつくような試合では、選手交代を把握するICタグのような機材を、スポンサー会社に負担させればいいと思います。

例えば、ICTの会社に対して「ボランタリースポンサー」として募集すれば、必ずどこかの企業が良い案を出して運営までやってくれるはず―です。

筆者の持論をさらに言えば、選手を試合に出さないような全国大会は小学生年代には必要ありません。

大会の遠征に参加して、1分もピッチに立つことができなかった子どもたちの心の中はどんな感じでしょうか? これを支える親の気持ちはどんなにつらいことか!!

 

これからの時代の「小学生年代の」サッカー育成方法とは!!

正直、筆者は息子をセレクションのチームに入れたことを悔やんでいます。しかしながら、時は戻ってこないので、筆者のような失敗を皆さまには経験してほしくないので、今後の「小学生年代育成」の方法について、まとめたいと思います。

 

選手登録が必要なチームに所属しない!!

全国大会の公式戦に出場するためには、選手は「4種登録」と言われるサッカー協会への登録が必要です。そして、所属チームを決めて、そのチームもサッカー協会の「4種登録チーム」であることが必要です。

しかしながら、こうした「登録チーム」ではなく、プライベートチームや各種のサッカースクール、自主練習などでも選手を育成することが可能です。

以下に、筆者が実際に体験するなどして確信した3人の『ドリブル指導者3人のカリスマ』について紹介します。

【カリスマ】ドリブルデザイナー岡部将和 ~99%抜けるドリブル理論

ドリブルデザイナーという呼称は、世界で岡部将和さんだけです。完全に岡部オリジナルです。
筆者は、数年前に、岡部さんのドリブルクリニックを数回、企画・開催しました。

岡部さんはここ数年で、自らのドリブル理論を具現化し、特に、技術テクニックをすべて自らが手本を見せ、その技術の細部に至るまで「言葉」で説明し、これを落とし込む練習法を明らかにしました。

この驚異の岡部理論は【99%抜けるドリブルテクニック】として、2016年のFIFAワールドカップロシア大会で大活躍した日本代表の乾貴士選手らトップ選手に「ドリブル指導」するなど、名をとどろかせています。

https://www.youtube.com/watch?v=aC4a7dSFGkw 

【カリスマ】プロサッカーコーチ三木利章 ~動きづくりのコーンドリブル

プロサッカーコーチの三木利章は、かつては兵庫県のサッカーチームで指導をしていて、コーンドリブルを基礎としての【動きづくり理論】は、育成の分野では、かなり有名な存在でした。

三木さんはその後、独立してプロコーチとなり、書籍やDVDなどを出版し、三木クリニックを全国で展開しています。

 

「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド Vol 4

三木さんの凄さは【動きづくり】の観察眼です。選手の動作をミリ単位で観察し、的確なアドバイスを与えます。

【カリスマ】フットボールスタイリスト鬼木祐輔 ~重心移動アナライズ

3人目のカリスマは、フットボールスタイリストの鬼木祐輔さんです。

鬼木さんとは直接面識はありませんが、鬼木さんのクリニック動画やDVDはくまなくチェックしました。

鬼木祐輔の「重心移動アナライズ」 Vol 2

 

鬼木さんは、現在は日本代表の長友佑都選手の専属スタイリストを務めています。

 

まとめ:サッカースクールのおススメは?!

前述の「カリスマコーチ」の指導は、単発ですので、いつも受けられるわけではありません。そこで、筆者が知り限りにおいて、最もよい「スクール」を紹介します。

全国に約1,500箇所、約20,000人の子どもが通う『リベルタサッカースクール』です。ここの指導の特長は、子どもたちを「認めて、褒めて、励まし、勇気づける」の指導方針を徹底しています。

また、指導者が研修を受け、責任を持ったプロ正社員ですので、指導の際の“ブレ”があまりありません。筆者が知っている元プロ選手もここのスクールで指導をしています。

無料体験もできますので、一度、下のバナー↓から「体験申し込み」をしてみてはいかがでしょうか?!



タイトルとURLをコピーしました