【不動産投資の仕組み・期間限定】新築戸建を賃貸にして稼ぐ方法

不動産
この記事は約5分で読めます。

最初に書きますが、今回の記事で紹介する『不動産投資』は成功する確率がかなり高いのですが、『3月までに投資をした場合のみのタイミングでやった場合』です。それを明らかにした上で、この記事の執筆時(2020年1月8日)から3月末までの“限定”で――いうことにしたいと思います。最後まで読んでいただければ、皆さまがナットクされることかと思います。よろしくお願いします!!(トップ写真は実際の新築建売住宅)

とっくん
とっくん

今回の記事の内容と特徴をまとめます!!
【対象者】→不動産投資でほぼ確実に成功したい方
【方向性】→「戸建て賃貸不動産投資」のやり方を披露します
【有効性】→期間限定の「不動産投資」案件をお伝えします

【不動産投資の仕組み・期間限定】新築戸建を賃貸にして稼ぐ方法

このブログサイト【資産に変える実体験ブログWordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』使用】では、筆者自らが実体験に基づく記事を書いています。

今回の記事は、現実の情報を書きますが「匿名ブログの方針」を貫くために、不動産の地域などの情報だけは伏せておきます。

過去記事では↑これについてシリーズ化しましたので、詳しくはこれをお読みください!!

 

【ビジネスモデル】新築建売住宅を購入して賃貸するダケ!!

新築建売住宅の金額ですが、以下の物件情報をご覧ください。本日時点でのリアル情報です。1,799万円で販売していたのですが、さらに100万円値下げします!!

価格: 1,699万円
間取り:4SLDK
築年月:2019年10月
建物面積:105.30m²
土地面積:142.65m²
設備:浴室暖房、浴室乾燥機、追焚機能、シャワー付洗面化粧台、温水洗浄便座、トイレ2ヶ所、カウンターキッチン、システムキッチン、浄水器、3口以上コンロ
設備・サービス 全居室収納、クローゼット、床下収納、モニター付インターホン、カードキー、ダブルロックドア、複層ガラス、省エネ給湯器、出窓、室内物干し、上水道、下水道、都市ガス、電気、側溝、庭、人感センサー付照明、フットライト、火災警報器(報知機)

この価格ですが、当初の売り出し価格から「300万円」値下げしました。筆者の会社はこの新築建売住宅を「仲介する立場」で関与しています。

2019年10月に完成で数ヵ月で300万円値下げする―販売戦略は、この住宅の売主の会社の方針です。

 

中学校から歩いて1分、小学校まで3分の場所にある!!

この物件は、地域の人気の公立中学校まで歩いて1分、小学校まで3分の距離にあります。ファミリー層のお客様をターゲットにしたら『月額賃料9万円』は取れます。

年間賃料は108万円、物件価格1,699万円での表面利回りは6.36%

このくらいはクリアできます。もちろん、上記金額は建売金額ですので、登記費用、仲介手数料、各種税金、金融機関の利息、設備諸経費――を加えたら、150万くらいはかかるので…

実質利回りは5.84%

くらいになります。

 

 

【新築建売住宅】の賃貸は修繕費用のリスクは少ない!!

投資家が「新築建売住宅」を購入してそれを賃貸に出した場合、筆者の経験上、10年間は「修繕費」は発生しません。新築で賃借人が入居したので、中古住宅とは違って『住宅を壊したら自分たちの責任になる…』という気持ちがあるため、多少の不具合が生じてもクレームを言わないのです。

さらに、入居者を以下のような客限定にしたら、少なくとも10年~15年間は契約を継続します。

・子どもが小学校に通っている
・世帯主の転勤がない
・会社、団体などからの「家賃補助がある」

これらのうちのどれかに当てはまれば、「空室リスク」はかなり減ります。

 

 

不動産投資の最大のリスクは『修理費』『リフォーム費用』

不動産業をやっている人は誰でも分かっていることなんですが、中古物件を購入して収益化を何年にもわたって続けようとしたら、「修理費」「リフォーム費用」が最大のリスクとなります。

もちろん、「空室リスク」はありますが、これは家賃を減額すれば満室にすることはある程度は可能です。

 

 

【1,699万で購入後】すぐに賃貸市場に出せる!!

新築建売住宅なので、この住宅を購入したらすぐに賃貸市場に出すことができます。筆者が冒頭の説明で「3月までに投資を…」と書いたのは、賃借人の入居に合わせて、このシーズンが最も賃貸借契約が決まりやすいから―です。

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村
よかったら[ポチッ]をお願いします。

 

スポンサードリンク

まとめ:都会に住宅相場よりも「地方」の方がはるかに安い!!

今回の記事は「1,699万円」という300万円値下げのタイミングを狙った投資の話ですが、筆者は実際にこの新築建売住宅を見ているので、買い時だな!と思っています。

都会の建売住宅の相場からすれば、びっくりするくらいの安さなので、驚かれるかと思いますが、こうした「不動産投資の仕方」もあると思います。

新築住宅なので、修理の手間がほとんどかからないので「管理」も難しくありません。

今回の記事に関する「質問」がある方は、上記のお問い合わせから尋ねてください。お電話番号を記載されていれば、こちらからご連絡をします。

 

追伸:筆者が自らが「不動産投資」をしている理由とおススメは?

筆者は、不動産業が本業で「不動産の売買仲介」をメインでやっていますが、自社でも投資をしています。これから「不動産投資を始める方」には以下のようなおススメをしています。

建物のコストを理解すること ~家を建てるor住宅系セミナーに参加する

住宅系メーカーのセミナーに参加するのが最も効果的です。おススメは「一建設㈱」の不動産投資セミナーです。↓のバナーから無料の説明会に申し込みできます。

投資物件の情報を集めること ~ 投資案件を見学・セミナーに参加する

投資案件を実際に見る機会があれば見学をするのが最も有効です。セミナーにも参加して営業担当者と話す機会を得て、分からないことを積極的に質問すればいいと思います。

プレサンスが投資マンションを選ぶポイント教えます!限定15名のバスツアー開催中!
【受講無料!不動産投資55分講座】
不動産の窓口プレミアムサービス
サラリーマンがマンション経営で年収2000万円!【DVDプレゼント中】
効率よく不動産投資の知識を身につけたいなら

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました