【不動産】ローコスト住宅「展示場」オープン!年末年始も営業!

不動産
この記事は約4分で読めます。

本日、当社の2戸目「住宅展示場」のオープンハウスがスタートしました。これから年末年始も含めて、この住宅展示場の「オープンハウス」は休みなしで開催します。

本日は3組のお客様が来場され「1組から新築建売分譲住宅の申し込み」をいただきました!!

とっくん社長の「住宅展示場」って

ローコスト住宅なんですよね?!

とっくん
とっくん

そのとおりです!!

ローコスト住宅を、新築建売と中古販売、

それに「賃貸住宅としての投資用」の3本

柱で仲介販売しています!!

【不動産】ローコスト住宅「展示場」オープン!年末年始も営業!

今や、全国的に「建売分譲住宅」の販売実績は「ローコスト住宅」と呼ばれる、低価格の住宅が躍進しています。

筆者が住む地域でも「地域一番の販売戸数」は、ローコスト住宅の会社が独占しています。

【ローコスト住宅とは】
言葉としての明確な定義はありません。一般的に、設計の規格化、施工の合理化、低廉な資材や設備を大量に仕入れることから、さまざまな「コストカット」で安い住宅を提供しています。

 

不動産屋が「ローコスト住宅」の仲介業務をしている理由は?!

筆者の住む地域では、「飯田ホールディングスグループ」の㈱アーネストワン様が「建売住宅販売数」でトップを走っています。

そして、この㈱アーネストワンの建売住宅を地元の不動産屋が「仲介業務」として、宣伝・告知・客付け(買主様)までやっています。

 

不動産の「仲介手数料」は、宅建業法という法律て【売買金額×3%+6万円】をもらうことができます。ローコスト住宅側からは「売買金額×3%」という取り決めがあるものの、買主さから上記の金額をもらうことで、3,000万円の住宅を仲介したら180万円ほどの売上(=ほぼ粗利益)を手にすることができます。

この新たなビジネスモデルが、地域の不動産屋の活性化をもたらしました。当社のビジネスチャンスが広がります!!

 

工事期間の短縮化が「ローコスト住宅」の最大のメリット!!

【地盤改良費 値引き】地盤改良工事の種類と値段交渉のコツ!!
とっくんが現在、建築している「住宅展示場」の建設現場は「柱状改良工法」の地盤改良を実施しています。今回の記事では、意外に知らない「地盤改良工事」について、基礎知識や工事金額を安くする方法について書いてみたいと思います。

このブログサイトの記事でも「住宅展示場」の建築のプロセスは書いてきました。筆者の会社では、住宅展示場を半年の間に2戸、発注し建築しました。

 

他の住宅メーカーの引渡しよりも2カ月以上は早い!!

住宅展示場のオープンハウスは、毎週末の土曜・日曜の2日間、これに祝日を加えた休日に、お客様を迎え入れます。

もちろん、年末年始も休ます営業します!!

 

不動産のローコスト住宅展示場は「役目が終わった」ら転売!! ~利益確定

当住宅展示場は、人気の住宅街の道路沿いに駐車場5台分を確保しました。

このほか、周辺の地域には「チラシをポスティング」する予定です。ちなみに、横断幕とチラシの製作は【ラクスル】に入稿し、印刷しますよ。


↑見積もりはここから!! 実際、「ラクスル」での横断幕の製作価格は破格の安さです。

本ブログの不動産投資シリーズです。↓

【不動産選びのコツ】賢い投資家・大家は不動産ビジネスを熟知する
【不動産投資リスク】情報収集!!本質を理解したら単純だ【限定】
【住宅】新築 一戸建てができるまで【現在進行形】を説明します 
「信頼できる不動産投資会社BEST4」にまとめて資料請求!【いえーるコンシェル】

ローコスト住宅の仕組みを知る!!【一建設㈱】の不動産投資セミナーで!!

皆さまのお住まいの地域で「一建設㈱の不動産投資セミナー」が開催されていたら、是非、ご参加してみてください。

ローコスト住宅の「安さの秘密」を教えてくれます。

下の↓のバナーから「一建設㈱」のサイトから申し込みできます。


 

まとめ:オープンハウス初日で「1組のお客様が建売住宅を予約」!!

本日、ご来場いただいたお客様のうち1組が、本住宅展示場近くの「新築建売分譲」を予約されました。

週明けに金融機関の「融資の仮審査」を受けて、住宅ローンの見込みが立てば、契約の運びとなるでしょう!!

筆者自身も、ローコスト住宅に住んでいるので、お客様に勧める際の説得力が違うようです。住宅展示場は“手ごたえ十分”です!!

タイトルとURLをコピーしました