【整体師年収】700万円!スポーツ選手引退後セカンドキャリア

スポーツ
この記事は約3分で読めます。

前回、プロスポーツ選手の引退後の「記事」を書きました。筆者は、かつてJリーグクラブで2度、広報担当をやったことがあり、引退後の選手の「セカンドキャリア」には関心があります。
今回の記事は、主に九州地区の方向けの記事です。というのも、筆者の知り合いの元プロサッカー選手が現在、整体トレーナーとして活躍しています。その彼が学んだ【ウェルネス福岡】の紹介です。

プロスポーツ引退後【整体トレーナー】として独立!!

【スポーツ 選手引退後】スポーツトレーナーを目指して「再出発」
プロサッカー選手の引退は他のスポーツよりも早いとされています。運よく、プロサッカーチームの指導者になれる人もいますが、多くの選手は希望通りの仕事に就くことができません。今回は、トレーナースクールの話題について記事にしました。

前回の過去記事↑です。プロスポーツ選手にとって、自らの体験を生かした「トレーナーや整体、ストレッチ、その競技のコーチ」などのセカンドキャリアは、彼らが現役のころから描いているプランでもあるようです。

 

元プロ選手との飲み会で知った「セカンドキャリア」の実態は?!

筆者は、昔のクラブの同僚などとの交流を通じて、彼らのセカンドキャリア(引退後の)を知る機会があります。

彼らが最も望むセカンドキャリアは、自分が経験した競技の指導者になること―です。とはいえ、その指導者の門は狭いものです。なにかしらの縁やつながり、それにライセンスがないと着任することができません。

彼らとの飲み会では、「話題」として出てくるのが、引退したかつての仲間のセカンドキャリアのこと。一般の会社に再就職した人も多いのですが、長続きしなくて退職したり、飲食業などのアルバイトを転々としている人もいるそうです。

「福岡」には優れたスポーツ系の専門学校がある!!

「福岡」と言えば、ソフトバンクホークス(プロ野球)、アビスパ福岡、ギラヴァンツ北九州などのプロスポーツ球団があります。その他にも、高校スポーツ界のトップクラスの学校なども多く、九州の中では「スポーツ系の専門学校」が多いことでも有名です。

その中でも、有名なのは、元ソフトバンクホークスのエースだった馬原孝浩さんが引退後に、柔道整復師・針灸師の国家資格を取って、独自の「MAHARA式メソッド」を作り出し、現在はプロ選手のサポートに力を入れています。

TAKAHIRO MAHARA OFFICIAL SITE | 馬原孝浩 公式サイト
元ソフトバンクホークスの馬原孝浩のオフィシャルホームページです。現役時代の経験と、引退後に培った整体の知識を元に独自開発した馬原メソッドで本物のトレーナー育成を目指してます。

 

知人の元サッカー選手も学ぶ【トリガーポイント】

今回の記事で紹介するのは【ウェルネス福岡】です。ここの学校のカリキュラムの特徴は「トリガーポイントセラピー」が学べることです。

トリガーポイント™ 公式サイト
トリガーポイント™日本正規代理店の公式サイト。トリガーポイントは、誰にでも簡単に筋膜リリース(筋膜はがし)ができる最先端製品です。

この「トリガーポイントセラピー」の技術を比較的短期間で学ぶことができます。こうしたこともあり、筆者の知人の元プロサッカー選手の整体トレーナーも、これらの技術を学んでいます。

 

スポンサードリンク

まとめ:幅広いニーズが求められる現在の「整体トレーナー」!!

現在、整体トレーナーとしての彼の年収は700万円ほどだということでした。やはり、他にはない技術を持っていて、プロスポーツ選手がこだわる「身体のケア」を、整体トレーナーの仕事にも生かしているので、これくらいの収入が得られるのでしょうね。

 

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました