【不動産投資リスク】情報収集!!本質を理解したら単純だ【限定】

不動産
この記事は約6分で読めます。

不動産投資を考えておられる方は、投資の「リスク」というものを知る必要があります。皆さまは「不動産投資のリスク」の情報をどのようにして集めていますか?

【不動産投資リスク】情報収集!!本質を理解したら単純だ【限定】

今回のネタは『不動産投資のリスク』ですね。とっくんは昨年7月に社長になって3件の不動産投資をやりましたが、すべて銀行からの融資(借金)でした。今年は残す所4カ月弱。現在、新たな不動産投資案件を模索中です。

Googleの検索で【不動産投資 リスク】という2語ワードを入れると、約 20,900,000 件の検索回数が出てきます(2019年9月8日現在)。検索上位にあったあるブログ記事を読んでみたら、あまりにも「役に立たない情報」ばかりでした!!

↓ とっくんおススメサイトはコチラ

「信頼できる不動産投資会社BEST4」にまとめて資料請求!【いえーるコンシェル】

 

【不動産リスクの本質】とは?!

【不動産投資 リスク】の検索上位にあったあるブログ記事に書いてあった「不動産投資リスクの7つ」などを書いていました。

空室
家賃滞納
修繕
金利
地震
火災

大変恐縮ですが、とっくん思わず吹きだしました!!

ディスる訳ではないのですが、こうした情報を書いているブログ記事は、不動産投資の本質を知らないライターさんが書いているのだろうと推察します。

 

【不動産屋が持つ】不動産投資案件は2つの種類がある?!

とっくんのような不動産屋は、2つの種類の不動産投資案件を持っています。

1.お客様(自分以外に)勧める不動産投資
2.自社が投資する(投資するだろう)ための不動産投資

大きくわけてこの2つです。

不動産屋自身も、業務として不動産を購入することができるわけですので、もしも、会社の収益を挙げることが一番の会社の目的として、その方法が「不動産投資」であったとしたら、ほとんの経営者はこれに「投資」するでしょう?!

例えばの話です。「不動産屋が法律によって不動産投資ができない」というルールがあるとコレはできません。↓

【法律により購入が禁止されている例】
スポーツ振興投票の実施等に関する法律第9条及び第10条の規定により、以下に該当する方はくじを購入することができません。
・19歳に満たない者
・スポーツ振興投票に関係する政府職員
・独立行政法人日本スポーツ振興センター(センター)の役員及びスポーツ振興投票に関係するセンターの職員
また、上記に加え、くじに指定された試合(チーム)が属するリーグの役員及び職員、各試合の関係者等が購入を禁止されています。
(例:Jリーグの場合)
・Jリーグの役員及び職員
・Jリーグ各クラブの役員
・くじの対象試合に出場する選手、監督及びコーチ並びに対象試合の審判員として登録された者
・天候の悪化その他やむを得ない事由により対象試合の中止を決定し、又はその決定に関与する権限を有する者

 

ちなみにとっくんは以前は、Jリーグクラブで働いていたので「toto購入不可」でした。クラブを辞めて真っ先にしたことは「toto購入」でした。

そして「100万円程度」を当てましたよ!!

【不動産屋のタイプ分け】不動産投資をするorしない?

とっくんが前社長(父親)と長年の確執があることは赤裸々にしましたよね。

【不動産 一人社長】父との確執を超えて!資産に変える【朗報】
筆者は前社長の父との確執があって、50歳を超えるまで「社長になること」ができませんでした。社長になってからは、自らの考えを実行に移しました。それが【不動産一人社長】です。

 

この「確執」の最大の原因が・・・

前社長(父親)→不動産屋の不動産投資は絶対反対
現社長(とっくん)→不動産屋の不動産投資は絶対賛成

・・・コレにあったんですよ!!

言ってしまえばコレだけです!!

 

不動産屋が「不動産投資をしない」とどうなるか?

皆さまも一緒に考えてくださいね。自らが不動産屋になった気持ちで!!

もしも、確実に儲かる不動産投資案件に投資をしなかったら・・・、

→ 収益を増やすチャンスを逃した
→ 経営者としての判断ミス

このように評価されても仕方ないでしょうね。こうした評価は、会社は株主のものなので、株主がやることです。

 

【不動産屋のタイプ分け】自社で不動産投資ができない理由

もしも、有益な不動産投資案件があっても、不動産屋が投資をしなかったとしたら、その理由としては・・・、

1.資金調達ができなかった
2.この案件の投資リスクを考慮した
3.その会社の規定によりできない(やらない)

この3つだけです。

3.については前述の「totoの規定」と同じ原理です。不動産屋でもある程度の会社ではこのような方針を打ち出している所があります。「有益な不動産投資案件はお客様に優先して渡す」という姿勢をブランドとしていることや、社員の営業力の弱化につながる、という理由です。

ですが、とっくんの会社のように【会社=社長】で、有益な不動産投資に投資しない手はありませんよね!!

【会社で儲ける?!】儲かる会社を作るたった1つの方法【秘密】
「会社」という存在を使って、皆さまが「儲けよう!」と思ったら、まずは最初に1つのコトを決めなければなりません。今回のブログでは、会社に関する儲けの基本原則をメイいっぱい語らせていただきます!!

 

【不動産投資の前に】不動産投資にナニを求めるか?!

前に紹介した「不動産投資リスク」を書いたブログ記事ですが「7つのリスク」とかを書いていました。

実際のところ、とっくんは不動産投資のリスクを一言で表現します。

【稼げない→カネかかる→売れない】

コレだけです。この3つがセットで当てはまるとき、その不動産投資は失敗です。

空室リスクとか修繕リスクとか、当たり前の話じゃないですか?!
わざわざブログ記事で説明するまでもありません。

ここから先は【資産に変えるゾ!!】赤裸々ブログの予告編です。
今後、とっくんが皆さまに提供するであろう「不動産投資情報」を書きます!!

【ブログ自己紹介】wordpress 独自ブログ【不動産社長】
今日から、自らの周りのモノ・コトを【資産に変える】ため、【資産に変える実体験ブログ】をスタートします。筆者の実体験をリアルタイムで書き綴ります。オリジナリティあふれる内容ですので、ぜひ、ヨロシクお願いします!!

 

【ブログ予告編】その① 不動産者から有益な情報を得るためには?!

不動産屋の立場から「このようなお客様には有益な不動産情報を提供する」という状況と理由などを赤裸々にします!!

 

【ブログ予告編】その② 不動産のリスク回避の最善策は?!

とっくんの「不動産投資案件」の事例から、不動産のリスクの回避をどのように考えるべきかを赤裸々にします!!

 

【ブログ予告編】その③ とっくんのリアルタイム不動産投資情報?!

とっくんが現在進行している不動産投資の案件の吟味とその理由などを赤裸々にします!!

 

スポンサードリンク

まとめ:これからも【資産に変えるゾ!!】赤裸々ブログをよろしく

いつものキメの「まとめ」で失礼します。

既に「予告編」を書いたので、今回のブログ記事の「まとめ」は短めにします。

最後まで、ブログ記事を読んでいただき心から感謝しております。皆さまの「不動産投資」がWin-Winになるよう有益な情報を提供しますので、今後ともよろしくお願いいたします。

最後まで、お読みいただき誠にありがとうございます・・・。

追伸:筆者が自らが「不動産投資」をしている理由とおススメは?

筆者は、不動産業が本業で「不動産の売買仲介」をメインでやっていますが、自社でも投資をしています。これから「不動産投資を始める方」には以下のようなおススメをしています。

建物のコストを理解すること ~家を建てるor住宅系セミナーに参加する

住宅系メーカーのセミナーに参加するのが最も効果的です。おススメは「一建設㈱」の不動産投資セミナーです。↓のバナーから無料の説明会に申し込みできます。

投資物件の情報を集めること ~ 投資案件を見学・セミナーに参加する

投資案件を実際に見る機会があれば見学をするのが最も有効です。セミナーにも参加して営業担当者と話す機会を得て、分からないことを積極的に質問すればいいと思います。

プレサンスが投資マンションを選ぶポイント教えます!限定15名のバスツアー開催中!
【受講無料!不動産投資55分講座】
不動産の窓口プレミアムサービス
サラリーマンがマンション経営で年収2000万円!【DVDプレゼント中】
効率よく不動産投資の知識を身につけたいなら

 

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました