【日韓関係】河野外相の寄稿文を読んで【サッカー界】の視点から!!

スポーツ
この記事は約4分で読めます。

本日(2019年9月4日)Google検索で【日韓関係】と入れたら・・・、トップ表示の記事はなんだと思いますか?! 「答え」は河野太郎外務大臣の【寄稿文】です。とっくんは、河野さんとは2度、お会いしたことがあります。

 

とっくん
とっくん

こんにちは、元Jリーグの韓国人選手に友人がいる、不動産屋2代目社長とっくんです。

冒頭の紹介リードで書きましたが、とっくんは2回、河野太郎さんに会いました。もちろん、向こうはとっくんのコトを覚えていないかと思いますが・・・。

 

 

【河野太郎外務大臣】は、別の視点から『日韓関係』を語れる人物

河野太郎さんと話した1回目は、とっくんが大学生時代です。

とっくんが幹事長を務めていた学生サークルで、河野さんのお父様の河野洋平さん(元衆議院議長)の講演会を企画しました。このことが縁で、河野洋平さんの個人パーティ『コットンクラブ』に参加して、その場に河野太郎さんもおられました。

河野さんは、確かフィアンセと一緒で、父親の洋平氏が「息子(河野大臣)とフィアンセ」を出席者の前で紹介しました。

好奇心旺盛なとっくんは、早速、太郎さんと雑談しましたよ。年代も近いので「留学の話」などで盛り上がりました。

 

河野さんとの2度目の面会は、Jリーグクラブの試合場で!!

河野さんとの2度目の面会は、Jリーグクラブの試合場です。意外ですか?!

知らない人も多いのですが、河野太郎さんはかつては、湘南ベルマーレの取締役会長も務めた人物です。

普通、国会議員がJリーグクラブの職に入るのは“名誉職”というか、選挙目的なのですが、河野太郎さんは、フジタが撤退し、存続の危機に陥っていた当時の「湘南ベルマーレ」をサポートするために2000年から2005年まで務めてられました(注:政務官と副大臣と国務大臣の時代は除く)。

とっくんは、このことをかなり評価しています。

 

 

【日韓関係】をサッカーの視点から語りましょう!!

多少、ウンチクになりますが、今やサッカー界において「日本vs韓国」は、アジアでトップレベルにあり、ワールドカップ本大会にも連続出場しています。

長年の宿敵でもあり、友人でもあり、サッカー界における「日韓関係」は、とっくんを含めてサッカー界で飯を食ったことがある人たちにとっては、極めて“日常”でもありました。

今、Jリーグでは何人の韓国人選手がプレーしているでしょうか?(※皆さまで調べてください)

小生は、ここで一枚の写真を紹介します(トップ写真)。

この2人の人物の名前が分かる人は凄いサッカー通です。

 

日韓のプロサッカー選手の交流の礎を気づいた2人の友情

こういう書き方をすると、ドラマ仕立てになりますね(笑)。

お二人の名前は、左のが今西和夫さん(元サンフレッチェ広島監督)、右が朴景浩先生(元韓国代表選手)

朴先生には、とっくんはお世話になったので「先生」という呼び方をします。
というよりも、韓国の方との人間関係では、目上の方には「先生(ソムセンニン)」とつけるのが多いです

朴先生がどのような人物かはリンクを貼っておきますので、参考にしてください。

 

https://japanese.joins.com/article/419/146419.html

 

朴先生は年齢が年齢なので、お元気にされているか、とっくんも分かりません。

 

【Jリーグの韓国人選手の先駆け】盧廷潤選手

小生が知る限り、今のJリーグで韓国人選手が活躍するきっかけとなったのは、盧廷潤(ノ・ジョンユン、노정윤)選手ですね。元韓国代表選手で1994年のワールドカップアメリカ大会にも出場しました。

この盧廷潤選手をサンフレさんに紹介した人物が朴景浩先生です。

ちなみに、今西和男さんは当時、サンフレッチェ広島の監督でした。今の日本代表監督の森保一さんは、今西さんの“弟子”のような存在でした。

 

恩人・今西和男が森保一を語る。「サッカーを続けたいと必死だった」|サッカー代表|集英社 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva
今西和男が高校卒業時に全く無名であった森保一を見出して、新人に対して5人しか枠の無かったマツダのサッカー部(現サンフレッチェ広島)に6人目の選手として採用するため子会社のマツダ運輸に入社させたのは知られた話である。「あそこで今西さんに拾われていなければ、サッカーを続けられていたかどうかも分からないで…

 

間近に見てきた元韓国代表選手たち

とっくんが働いていたJリーグクラブにも、韓国人選手がいました。元代表選手です。

これを書くと「匿名ブログ」にならないので、詳しくは書きません・・・(笑)

 

スポンサードリンク

まとめ:【日韓関係】という言葉を前に出させない日韓戦を見たい!!

今の「日韓関係」を見ていると、とっくんの希望はかなえられないかもしれません。
次のワールドカップのアジア最終予選で「日本vs韓国」の直接対決があるかもしれませんが【日韓関係】という言葉が試合前、試合後をにぎわせないようにしなければならない、と思っています。

最後に・・・、
とっくんは、河野太郎外相はソレができる人物だと確信しています。

※今回の写真は、ある方のフェイスブックの記事から転載しました。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました