損する夫婦関係【離婚→精算】は正解!成功する「再婚」のために

資産に変える
この記事は約5分で読めます。

自動車整備工場物件の借主夫婦の「離婚問題」の続報ブログです。熟年離婚は、精神的にも経済的にもダメージが大きく、トラブルが尾を引きます。「離婚自体」は否定はしませんが、周りを巻き込んだ「夫婦の愛憎劇」は人間関係の難しさを教えてくれました。

皆さま、こんにちは。他人と身内の「離婚案件」に首を突っ込んでしまった、不動産屋2代目社長のとっくんです。

離婚経験者限定のパートナー探し【remarry】

前回のブログ記事です。↓この続編なので、まずはこちらをお読みください。

離婚後【住宅ローンや賃貸物件の連帯保証人】解決方法と事前準備
前回の不動産ブログで「離婚・住宅ローン対策」について記事を書きました。本日朝、当社が管理している自動車整備工場物件の借主の奥さんから電話がありました。『今度、離婚することにしたので、賃貸借物件の連帯保証人を変更できないか?!』という相談でした。

【夫婦自営業】は「夫婦仲」が最大の強みor弱点!!

とっくんの会社も、以前は従業員を多数雇っていましたが、今は『一人社長』という経営手法をとっています。ただし、現在の奥さんは仕事にタッチさせてはいません。→これについては別途ブログ記事にします。

さて、今回の自動車整備工場物件の借主夫婦も、夫が整備工場をされていて、妻は別の仕事(介護関係のバイト)をしているとのことでした。以前は、同じ所で仕事をしていたようですが、夫婦仲が悪化してからは、一緒に自営業をすることは難しくなったようです。

【夫婦自営業】は「オンorオフ」の切り替えが困難!!

とっくんはバツイチです。前妻との関係の悪化は「夫婦自営業」に加えて、とっくんと父親のとの「親子関係」にもその原因がありました。

一般的に、夫婦自営業は、仕事とプライベートの『オンorオフの切り替え』が困難です。仕事が終わって家に帰った後も、〝仕事の延長〟となりますし、人間関係で「夫婦」と「仕事のパートナー」というのは表裏一体となります。

【夫婦自営業】の人間関係が成功したら・・・「最強の組織」となる!!

一方で、夫婦自営業は、お互いの人間関係が上手にいったら、こんなに便利なことはありません。サラリーマンとして外で給与をとってくる仕事よりも、はるかに融通が利きますし、無駄な時間も節約することができます。

また、仕事を生活の一部としてやっている場合(例:仕事場と生活の場が同じ)は、税務会計上の「損金(経費)」に自らの生活上の費用を当てることもできます。
(※これは税理士の指導の元、妥当な案件のみ損金計上をしてください)

【夫婦自営業】のデメリットは?! 人間関係が悪化が怖い!!

夫婦自営業は経営上のデメリットは数多くあります。ここではすべてを説明はできませんが、最も大きいデメリットは『会社の規模が定められる(=大きくできない)』ということです。

自営業はあくまでも自営業ですので、会社を成長させて大規模にしたいのであれば、夫婦自営業の形態はとらないほうが良いでしょう。

 

【自動車整備工場物件の借主夫婦】奥さんが強烈だった!!

本日午前中、この自動車整備工場物件の借主夫婦と面会をしました。本来、不動産屋が「夫婦間の間に入ること」はしませんが、契約上の『連帯保証人の変更』と『現在の居宅を売りたい・・・』ということだったので、かなりの時間をかけて話しました。

『強烈な奥さん』でした。
面会中、奥さんは終始、夫の悪口、夫に対する愚痴、自分の行動の正当性の説明・・・の連続でした。
一方、夫側は反論もせずに『目を閉じながら妻の口から出てくる自分への批判』を聞いていました。

離婚原因は『奥さんの性格にある』と確信!!

とっくんは男性なので、それだけで「男性側の意見」に従うわけではありません。しかしながら、今回のこの夫婦の『離婚の原因は明らかに奥さん側にある!!』と確信しました。

この奥さんの主張は、一昔前にYoutube上で自らの離婚の正統性を延々と語っていた「あの芸能人並み」でした。その芸能人の夫は、妻のYoutube上での主張を一切無視して、騒ぎが収まるのを待ちました。改めてその「戦略が正しい」と認識しました。

【悪妻】とは離婚が正解!!

今回の「自動車整備工場物件の借主夫婦」の奥さんは、明らかに「悪妻」です。

悪妻というのはそれぞれの人間の主観なのですが、ここで言う「悪妻」は、人間関係を持っていても【資産とならないモノ】です。

資産とならないばかりか、精神的な負担になる人間関係を生み出します。

この奥さんは悪妻なので、仮に、とっくんと結婚していても「離婚」をしたことでしょう。

 

スポンサードリンク

まとめ:【離婚→人間関係精算】は悪いことではない!! 戦略を!!

「離婚」は人生においては、あなたの運営を大きく左右する重要事項です。

なのに、「離婚」に向けて行き当たりばったりの戦略を貫く人が多いのには驚きます。

もしも、あなたが「離婚後は独身のまま人生を終わるのか?」or「離婚後また再婚するのか?」によって人生の過ごし方が変わります。

とっくんが1回目の離婚をした後、今の奥さんと出会う前に「結婚紹介所」に再婚希望を出しました。離婚により精神的に追い込まれていましたし、前妻は「モラハラを理由に離婚」と主張したので、とっくんは自分の人間性を全否定されたような形になりました。

「再婚」は一つの人生の〝リベンジ〟だったわけです。再婚の際には『必ず幸せになりたい!!』と思っていましたし、『幸せにならなければ・・・』と思っていました。

現在は『離婚経験者限定』のマッチングサービスもあります。↓を活用してみください。



「結婚→離婚→再婚」のサイクルでは、もしも「離婚後の再婚を決めている」のであれば、離婚協議中からも再婚後の生活についても、シミュレーションをしておいた方がよいと思います。

最後に・・・、結婚相手のコトを判断するテッパンのチェック項目を書きます。

・犬を始めペットとの生活を望んでいるか?or いないか?
・外に出て遊ぶのが好きか?or 嫌いか?
・好きな会話の内容のチェック
・好きなお笑いのチェック
・金遣いのチェック

デートやメールのやりとり、電話の会話など、相手の〝生き様〟をチェックできるよう、自分なりの「テッパンの質問」「テッパンの話の持って行き方→相手の反応を見る」を準備しておければよいと思います。

これについては、別途、ブログ記事で紹介したいと思います。

 

追伸:前回のブログ記事同様、離婚と住宅ローンの悩みは専門の業者に相談するのも良い手です。特に、このお客様のように年配の場合は、特に住宅ローンやその他の借り入れについては、シビアに判断した方がよいからです。



このような事情のお客様は、まずは「相談」されてみてはいかがでしょうか?!
↑をクリックして必要事項を記載してみてください。

本日もブログ記事を最後までお読みいただき心より感謝しております。

年齢限定型コミュニティだから、
希望の相手がすぐ見つかる!【登録無料】

 

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました