【不動産投資ルール】「要求過多の客」とは不動産屋は付き合わない

不動産
この記事は約5分で読めます。

前回の記事で「不動産屋に対して客側のNG行為」を紹介しました。その続編です。
この記事は、筆者の愚痴ではありません。これから「不動産投資をしたい、優良物件を購入したい」という方は、不動産屋の付き合い方、動き方を知らないと、良い情報を得ることができません。そのことの「参考」にしてください。

【このブログの筆者プロフィール】波乱万丈の人生の末、50歳を超えて不動産会社の社長に。新卒で新聞社に就職→30歳で退職→サッカー選手の代理人→プロサッカーチームのフロント→不動産会社の営業→プロサッカーチームのフロント→インキュベーションマネージャー→経産省プロジェクト研究員→インキュベーションマネージャー→起業失敗→ブログを書きまくる→企業誘致課の参与→株のデイトレードで失敗→→行政の仕事→引きこもり→不動産会社取締役→2018年念願の社長に・・・。(写真は3歳当時)

 

とっくん
とっくん

例の義弟から、また「連絡」がありました。

今度は「自分で空家を見つけたので、持ち主と

交渉して、安く買いたいので協力してほしい」

ということでした!!

【不動産投資ルール】「要求過多の客」とは不動産屋は付き合わない

【不動産投資ルール】客側のNG行動!不動産屋がつきあえない!
Google検索で『不動産 不信感』では、客側からの視点で「不動産業者への不信感の記事」が多数出てきます。ところが、不動産屋の立場から見ると『客側のNG行為』があります。

前回の記事で説明しましたが、筆者の中ではこの義弟の「依頼」は今後は受けるつもりはありません。トップ写真は、筆者が義弟に送ったラインのスクリーンショットです。

 

【要求過多の客】相手の利益を考えずに自分の都合ばかりを言う!!

義兄さん、ボクの不動産取引ですが、

仲介手数料を半額に負けてくださいよ。

とっくん
とっくん

分かったよ。親戚だし、それでいいよ!!

すべてはこの「やり取り」から始まりました。妻側の親戚で、筆者とは常々、付き合いが深くないのですが、自分の『不動産を購入したい…』ということで、急に連絡が来るようになりました…。

 

【要求過多の客】相手の利益と自分の利益の相反関係の場合

正直、不動産屋にとって「仲介手数料の半額値切り」というのは厳しい状況です。しかも、この義弟には、当社が売主様から預かっている物件を紹介することはできませんでした。どの物件も彼の希望に添わなかったからです。

ということは、当社の仲介手数料は、買主側(義弟)からだけでいうコトになり、その金額は「半額に」ということは、極めてモチベーションが下がる条件でした。

 

【要求過多の客】不動産屋に対してのNG行為をしながら気がつかない!!

前回の記事で、義弟がやった「不動産屋に対してのNG行為」のことを説明しました。こうした行為をする人間と分かった時点で、不動産屋は、その人のことを「客として見ない」のです。

さらに…別の表現をすると、要求過多の客は不動産屋にとっては「自社の経営資源(社員のノウハウ、時間、知識など)を盗む“泥棒”のような存在」に変わります。“信頼性〟がない客に対して、不動産屋が「協力すること」はありません。

 

【要求過多の客】空家を安く買いたいとお願いしてきた義弟!!

親戚といえども「要求過多」の人間とは、仕事としてはつきあえません。

義弟は遂に『街中で自分が空家を見つけてくるので、その所有者に物件を売ってくれるように交渉してください!!』と言ってきました。

もちろん『速攻、断りました』。

「空家営業の大変さ」を知らずに、よくこうしたアイディアを出してくるな?!と呆れました。

筆者は、当社が買い取る不動産を見つけるために「空家営業」をしますが、上記のようなケースではそんな仕事はしません。

【不動産投資】成功の唯一の鉄則は?記事の最後でお知らせします
これまでこのブログサイトでも「不動産投資」についての方策を説明してきました。われわれ不動産業者としては、収益的な面での優良物件の情報をお客様に提供し、その不動産の「仲介手数料を得る」というのが一般的ですが・・・。今回は、このブログ記事に限って「不動産投資成功のための唯一の鉄則」を書きます。

(空家営業に関する過去記事はコチラ↑)

 

不動産投資をする人は「良質な情報が集まる仕組み」をつくる!!

世の中には「メガ大家」と呼ばれる、多くの不動産投資をして収益不動産を得ている人がいます。こうした方の中で「成功者」と認められている人は、不動産屋の利益、仕事内容を熟知しています。

要するに、不動産屋のモチベーションがナニかを知った上で、それを尊重しながら自らの利益のことを考えようとします。

ボロアパート買ったらどうなった?【不動産投資の解説】

(もふもふ不動産「不動産投資の解説」から)

この動画は少々長めですが、優秀な不動産投資家の考え方がよく分かる内容です。

 

スポンサードリンク

まとめ:この「ブログサイト」で皆さまに伝えたいこと!!

筆者は不動産屋ですが、不動産投資家でもあります。現実、今、ある収益不動産を購入するべく、事業計画を立てています。

このブログサイトでもこうした動きをリアルタイムで記事にしているので、これから不動産投資をやってみたい――という方は参考にしていただければ幸いです。

ちなみに…、収益不動産は、筆者は他業者からは購入したケースはありません。

最後に…、このブログサイトでは、誰もがWin-Winになる仕組みを提案したいと思っています。不動産屋から『NG客』と認定されたら、二度と有益な情報は入ってきません。そうならないように、できれば「不動産屋と良いつきあい」をしていただきたいと思います。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました