【映画名台詞】で日本の経済の転換点を語る!!【資産に変えるゾ】

ビジネス
この記事は約7分で読めます。

今回は、とっくんが『最もしびれるスピーチ』から、わが国の経済界の転換点を考えてみたいと思います。オリヴァー・ストーン監督の映画『ウォール街(1987年)』の投資家ゴードン・ゲッコーの株主総会でのスピーチからです!!

こんにちは、改めてマイケル・ダグラスの演技に感動した、不動産屋2代目社長とっくんです。

とっくんは、前回のブログ記事『ウォール街(1987年)』を紹介したので、改めてこの映画を見返しましたよ。
何度見ても、マイケル・ダグラス演じる投資家ゴードン・ゲッコー(Gordon Gekko)の株主総会でのスピーチは凄い!!

 

 

【マイケル・ダグラス熱演】伝説のスピーチシーン!!】

Gordon Gekko "Greed is Good" Full Speech *read the description*

 

【You own the company. That’s right — you, the stockholder.】

以下が、伝説のスピーチシーンの全文なのですが、全訳は書きません。時間がないので・・・(汗)

大雑把にスピーチの流れを書きますと、【アメリカの経済の実情→会社の経営→会社は株主のモノだ→自分が調べたコト→経営陣がおかしい→改革の必要性→欲は正しい→まとめ】と感じです。

そして、見出しにも書いた【You own the company. That’s right — you, the stockholder.】です。【あなたが会社の所有者です!! そうです、あなたが株主なんです】

Gekko: Well, I appreciate the opportunity you’re giving me, Mr. Cromwell, as the single largest shareholder in Teldar Paper, to speak.

Well, ladies and gentlemen, we’re not here to indulge in fantasy, but in political and economic reality. America, America has become a second-rate power. Its trade deficit and its fiscal deficit are at nightmare proportions. Now, in the days of the free market, when our country was a top industrial power, there was accountability to the stockholder. The Carnegies, the Mellons, the men that built this great industrial empire, made sure of it because it was their money at stake. Today, management has no stake in the company!

All together, these men sitting up here [Teldar management] own less than 3 percent of the company. And where does Mr. Cromwell put his million-dollar salary? Not in Teldar stock; he owns less than 1 percent.

You own the company. That’s right — you, the stockholder.

And you are all being royally screwed over by these, these bureaucrats, with their steak lunches, their hunting and fishing trips, their corporate jets and golden parachutes.

Cromwell: This is an outrage! You’re out of line, Gekko!

Gekko: Teldar Paper, Mr. Cromwell, Teldar Paper has 33 different vice presidents, each earning over 200 thousand dollars a year. Now, I have spent the last two months analyzing what all these guys do, and I still can’t figure it out. One thing I do know is that our paper company lost 110 million dollars last year, and I’ll bet that half of that was spent in all the paperwork going back and forth between all these vice presidents.

The new law of evolution in corporate America seems to be survival of the unfittest. Well, in my book you either do it right or you get eliminated.

In the last seven deals that I’ve been involved with, there were 2.5 million stockholders who have made a pretax profit of 12 billion dollars. Thank you.

I am not a destroyer of companies. I am a liberator of them!

The point is, ladies and gentleman, that greed — for lack of a better word — is good.

Greed is right.

Greed works.

Greed clarifies, cuts through, and captures the essence of the evolutionary spirit.

Greed, in all of its forms — greed for life, for money, for love, knowledge — has marked the upward surge of mankind.

And greed — you mark my words — will not only save Teldar Paper, but that other malfunctioning corporation called the USA.

Thank you very much.

 

映画【ウオール街】以降の日本「経済」の変化!!

実は、オリヴァー・ストーン監督の映画『ウォール街』は、続編が2010年に作られましたが、残念ながら“メロドラマ風”になってしまっていて、とっくんはとても残念でした。

ところで、1987年の映画での【You own the company. That’s right — you, the stockholder.】のスピーチは大きなモノを残しました。

わが国でも『株主重視』『会社は株主のものだ!!』という認識が、その後の『物言う株主』『ファンド全盛時代』への口火を切ったと思っています。

 

とっくんが以前に書いたブログ記事↓も、こうした流れのコトに触れているのでご参照ください。

「年収1千万、1億、10億、100億、1000億円」を稼ぐ方法?
皆さまの感覚の中で「金持ち」って、どのくらい稼いでいるイメージがありますか? 年収1千万、1億、10億・・・。さらには、その上の100億とか? ここで「クイズ」です。それぞれの年収のランクがありますが、これらの金額を稼ぐ方法って果たしてあるんでしょうか?

 

スポンサードリンク

まとめ:【資産に変えるゾ!!】の意味を考えてみましょう!!

今回のブログ記事のまとめですが、かつて一世を風靡したファンドマネージャーの村上世彰さん。覚えている方は多いんじゃないでしょうか。

今年の3月、村上氏が久しぶりにテレビの報道ドキュメント番組に出ました。

物言う株主 村上世彰が再び...ホリエモンが語る村上氏の二面性:ガイアの夜明け|テレ東プラス
3月5日放送の「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)は、かつて”物言う株主”の異名で知られた投資家・村上世彰氏に密着。インサイダー取引による逮捕から13年、表舞台に舞い戻って…

 

もちろん、見ましたよ!!
娘の村上絢(むらかみあや)さん、奇麗ですよねぇ~!! ←イヤそんな話ではなく

「資本主義とは?!」を改めて考えるきっかけとなりました。

村上世彰氏 独占インタビュー(ショートバージョン):ガイアの夜明け

村上さん、若いころはイケメンだったんですが、白髪の紳士になられました。

ちなみに、とっくんはいまだ「白髪」はありません。

 

今回もブログ記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました