【持続化補助金サイト構築】1500社システム会社を探す!発注ナビ

不動産
この記事は約5分で読めます。

皆さま、お疲れさまです! とっくん(@不動産投資家)です。
筆者の会社が、新型コロナ対応型の「持続化補助金」に申請していることを過去記事で紹介しました。筆者の申請内容は、「Webサイトを活用して投資用不動産情報の提供と成約まで」というものです。仮に、この申請が通ったら、Webサイトを構築しなければならないので、システム開発の比較サイト【発注ナビ】を活用します。

とっくん社長が申請を提出した「持続化補助金」はその後、どうなりましたか?

 

とっくん
とっくん

ボクの申請は第2回分で締め切りは6月5日でした。地元の商工会議所によると『7月上旬に認定事業の発表』がされる予定です。

仮に、ボクの申請が認定されたら、事業終了日(2021年3月末)までに事業を始めなければなりません。そのために必要なことは、Webサイトの『要件定義』の作成です。その後、システム会社に、Webサイト構築の見積もりと発注をしなければなりません。

 

現段階では、申請が認可されるかどうかはわかりませんが、準備だけはしておく必要があります。そこで【発注ナビ】を活用することにしました。

 

日本最大級のシステム会社検索・比較サイト【発注ナビ】の特徴‼
・難しいシステム開発会社選びが手間なくカンタンに
・自社の要望に合った開発会社に厳選して紹介
・要望を伝えるだけで、最短1営業日以内のスピード紹介
・全国対応
・IT専門知識がなくても専門コンシェルジュがいるので安心
・利用は最初から最後まで無料

 

 

【持続化補助金サイト構築】1500社システム会社を探す!発注ナビ

筆者は、過去に起業支援の仕事(インキュベーションマネージャー)をやったことがあります。こうした経験があり、補助金制度については詳しい方です。

今回の『持続化補助金』については、過去記事で何度か紹介したので、ご参照ください。

 

 

 

 

【持続化補助金】に認定されたら⁈ ~システムを構築しなければ‼

持続化補助金の制度趣旨は、新型コロナ禍で売上が減った事業者らの「新しい販路開拓をサポートする制度」です。したがって、申請が認定されたら、事業を開始しなければなりません。

筆者一人の力では、新しいシステムのWebサイト構築というのは不可能です。そこで、自社以外のソースに外注することになります。

 

「発注ナビ」は、相談は無料でも、開発会社と契約した際にお金がかかる成約型ないのですか?

 

とっくん
とっくん

【発注ナビ】は広告ビジネスによって運営しているため、発注者からお金をもらっていないそうです。これも、ボクがこのサイトを使うことを決めた理由です。

 

【発注ナビ】の特徴‼
・自社の課題を解決してくれる開発会社が見つからない
・開発会社を探す時間が取れない、探し方がわからない
・外注にかかる費用の相場がわからない
・IT専門知識が少ない
・一括見積もりサービスだと営業電話が押し寄せそう

 

 

スポンサードリンク

まとめ:発注ナビのQ&Aから

筆者の会社の「持続化補助金」に限らず、新しい分野のビジネスを始めるために、どのシステム会社と組むべきか⁈を考える方も多いと思います。

今回の記事では「発注ナビ」の説明をしましたが、最後に、同社のサイトからQ&Aを転載します(https://hnavi.co.jp/lp/system/)。

Q.利用料や紹介料、手数料など費用はどうなってるの?
A.「発注ナビ」は各開発会社からの広告費をもとに運営をしているため、発注担当者様はご相談から候補となる開発会社のご紹介まで一切費用は発生せず、完全無料です。
成約手数料の徴収はしていないため、開発費への上乗せリスクもほとんどありません。

Q.紹介される開発会社はどのように選定しているの?
A. 2段階で選定しています。
発注ナビでは、開発会社からヒアリングした技術スキルや開発実績をデータベース化しています。まずはこのデータベースから要件に合致する開発会社を選定します。その後、選定した開発会社のうち、稼働状況やデータベース外の情報を加味して、ご紹介する開発会社を絞り込んでいます。

Q.紹介される開発会社は信用できるの?
A. 発注ナビでは、開発会社に対して第三者調査機関にて信用情報を調査しており、反社会的勢力に関する情報についても合わせて確認しています。
また、定期的なコミュニケーションにより、事業の継続性も確認しています。
さらに、弊社に対し延滞金がある開発会社はご紹介しないなどの対策も取っています。第三者調査機関の信用情報は開示できませんが、ご要望に応じて一定基準(従業員規模など)に達している開発会社のみをご紹介することも可能です。

Q.紹介された開発会社とは、全社と面談しなければいけないの?
A. その必要はありません。
必要に応じて面談する開発会社をご選定ください。また、システム開発会社側も全社から必ず連絡があるとは限りません。ご紹介から5営業日程度経っても連絡のない開発会社がいる場合には候補から外すことをお勧めします。

Q.発注ナビはどこまでサポートしてくれるの?
A. 候補となる開発会社をご紹介した以降は、基本的にはサポートしていません。
ただし、面談したいのに連絡のない開発会社などございましたら、発注ナビから催促することは可能ですので、お気軽にリクエストください。面談以降については一切サポートしていませんので、あらかじめご承知おきください。

Q.紹介された開発会社に必ず発注しなければいけないの?
A. 発注の義務はありませんので、適切なシステム開発会社ではなかった場合は、全社お断りいただいて構いません。

 

本日も、記事を最後までお読みいただき心より感謝しております。


スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました