【ヤドカリ投資】は住宅ローンは失敗!【事業融資】でやるべき!

不動産
この記事は約5分で読めます。

『ヤドカリ投資』の裏技をさらに深堀りしていきます。「不動産投資に興味がある」という方は是非、この記事をお読みください。前回のブログ記事で『不動産屋が実践しているヤドカリ投資』について説明しました。今回は個々の事例などを取り上げます。

今回のテーマは、不動産購入のための『資金調達』の話です。

【ヤドカリ投資】は住宅ローンではなく「事業融資」を使うべき!!

「ヤドカリ投資」に関する情報を提供している書籍やネット情報では、『投資=住宅の購入資金』を「住宅ローン」で賄うことを想定しています。
筆者は、この方法を勧めません。以下に説明をしていきます。

【ヤドカリ投資】は住宅ローンでを使うべきでない理由!!

これは、一言で説明します。『住宅ローンは個人の住宅を購入するための制度だから』です。

・「賃貸事業」は住宅ローンの適用外
・「住宅ローン」で購入した住宅は経費が計上できない
・「住宅」自体が資産にならない

「住宅ローンで自宅を購入した」場合、主にこのような制約があります。住宅ローンのメリットは『利息が安いこと・減税効果があること』ですが、それ以上のデメリットの方が多すぎます。

 

【ヤドカリ投資】に「事業融資」の審査を通すためには?!

ここからが本題です。

筆者は、25年以上不動産業をやっているので「事業」として数々の融資を受けています。
この中で、自身の住宅も「事業」にしてしまいました。

所謂『住宅展示場』として住宅を建築して、事業融資を受けました。そして、実際にはソコで生活をしています。

一般の人も「事業融資」で『ヤドカリ投資』ができるか?

金融機関から「事業融資」を受けるためには、個人の立場ではムリです。
少なくとも「事業」を始めて、その事業の先行きが見えているかを金融機関が判断します。

このことを頭に置いた上で話を進めていきます。

金融機関から見た魅力的な融資とは?!

これは「資金の回収が確実であること」です。

不動産物件に対する融資は、最終的に借主が資金を返せない場合、担保をとった不動産を売却(競売)してそこから返済してもらうことができます。

もちろん、競売などの手続きは面倒なので、金融機関はこうした返済を望んではいませんが、それでも、他の担保に比べると「不動産案件、特に新築住宅は安全」と見られます。

 

不動産案件での『融資スキーム』のプラン作りの鉄則!!

筆者は、事業として「不動産投資」をしています。過去のブログ記事を紹介しますので、コチラをご覧ください。

【買取と仲介】の違いを不動産屋の立場から本音で説明します!!
皆さまは、不動産情報サイトをご覧になるとき「買取と仲介の違い」などのテーマを目にすると思います。それぞれのメリットとデメリットを比較して書いてあったりしますが・・・。ただし、こうした情報サイトでは“不動産屋の本音”は書かれていないと思います。

この記事を読むと『長期融資or短期融資』のそれぞれの特徴が分かるかと思います。

『長期融資or短期融資』のスキームの違い!!

長期融資は、融資を受けた不動産が長期的に『資産』となるようなスキームが必要です。
短期融資は、不動産を転売する目的の場合に使います。

「既に転売先を確保している」のであれば、短期融資でもいいと思いますが、一般の方の場合は、「長期融資の方が無難」だと思います。

サラリーマンが「副業」or「家族の事業」で事業融資を借りられるか?

通常のやり方では厳しいと思います。しかしながら、金融機関も「優良な融資先を求めている」ので、あなたの“事業”が魅力的であれば、事業資金の融資も可能です。

【結論】事業主体を明確に!! 連帯保証人制度も使う!!

金融機関にとって必要な情報は『事業用資金である』という明確なエビデンスです。そして、その資金は『ヤドカリ投資=不動産投資』のためのものであることが大前提です。

事業主体は、もしも、サラリーマンの方で「副業不可」などの就業規則がある場合は、家族の誰かを事業主体にしてもよいですし、法人化して「株式会社」「合同会社」などの母体を作って、そこに「事業融資をしてもらう」というスキームがいいでしょう。

連帯保証人には、サラリーマンのあなたがなってもいいと思います。

 

【ヤドカリ投資】は新築物件が有利!!

『ヤドカリ投資の成功のカギ』は、その住宅が【資産】となるようなつくり方をしているか?!という点です。

筆者の『ヤドカリ投資』では、住宅自体に・・・

・住宅展示場及び事務所という機能を持たせる
・スペース貸し(時間性)ができるような造りにする
・民泊やシェアハウスができるような造りにする
・その他事業に使えるようにする

このような設計・企画で「規格注文住宅を新築」しました。

【ヤドカリ投資】成功のためには?! 安い土地を仕入れることができるか!!

後に述べる「一建設㈱」「㈱アーネストワン」などの大手建売分譲会社は、規格注文住宅を多数取り扱っていて、その建築価格は「1,300万円以下」のタイプが多くあります。

土地を安く仕入れる(購入)することができた場合、あなたが新築住宅に居住して『数年後にヤドカリ投資回収のために売却する・・・』としても、【建築費<売却費】で利益を出すことができます。

【一建設㈱】の不動産投資セミナーで情報収集を!!

『ヤドカリ投資』で、自らの住宅を建てて、将来的な売却利益のスキームを考えておられる方は「一建設㈱」の不動産投資セミナーにご参加を検討してみてください。

気軽な気持ちで大丈夫です。
下の↓のバナーから「一建設㈱」のサイトから申し込みできます。


投資セミナーというよりも、一建設の住宅のコストの説明など、どうしてこの価格で住宅が建てられるか?の秘密を担当者が教えてくれるはずです!!

 

スポンサードリンク

まとめ:筆者の【ヤドカリ投資】の様子をこのブログで紹介します!!

このブログは“リアルタイム”の赤裸々ブログです。

「匿名ブログ」であるメリットを最大限に生かして、皆さまに有益な情報をお伝えしますので、今後ともよろしくお願いいたします。

本日も、ブログを最後までお読みいただき心より感謝しております。よかったら他のブログ記事も合わせてお読みください!!

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました