【コミュニケーション能力】すべらない話【プロの技術6つ厳選】

資産に変える
この記事は約4分で読めます。

今回の記事は「コミュニケーション能力を高めたい人」に読んでいただきたいと思います。この中でフジテレビ『すべらない話』を元に、表現方法のコツを学びます。

『すべらない話』と言えば、ダウンタウンの松本人志さんがプロヂュースした人気番組ですね。毎回、選び抜かれたお笑い芸人、タレント、有名人がテッパンの話をして、ドカンドカンと笑いを取ります。

【コミュニケーション能力】すべらない話【話し方の5つのコツ】

『すべらない話』での、テッパン話は「しゃべりのプロ」が表現することなので、一般の人が『すべらない話をやってみろ!』と言われても、ほとんど人ができないでしょう。

ですが、「表現方法」「話す手順」「技術」などを真似をすれば、ある程度の話はできるようになります。

『すべらない話』は現代落語!!

これはいろんな方は『すべらない話』を評して、「これは現代風の落語ですね!!」と表現しています。筆者もまったく同感です。

こまかいルールはないのですが、『すべらない話』は実話であることが原則です。ただし、実話の中でも、同じ経験をしても、一流のお笑い芸人の「感性」と「伝える技術」によって、その表現方法は大きく異なります。

一方の「落語」は、創作話で実話ではない点が「すべらない

カリスマ芸人の松本人志さんが『すべらない話』を語る

松本さんの凄さは「笑い」を生み出すために、率先垂範して芸人を引っ張っていることです。しかも、こうしたことをお笑い界のトップとして、30年間以上もやり続けています。お笑いの実力的にも最高レベルです。

【松本人志】“すべらない話”の大変な裏側『わかってくれる?俺の大変さ』

 

【筆者が選ぶ】歴代最高傑作の「すべらない話」は?

筆者は、漫才などのネタを中心とした「コミュニケーション能力」の研究・分析を趣味としています。このブログサイトでも『M-1グランプリ』の話題をブログ記事にしています。

そんな、筆者は『すべらない話』はほとんどすべて見ましたが、ナンバーワンネタとして『霜降り明星』のせいやの『彼女の話』です。↓の動画の最初の話です。

作業用 すべらない話 霜降り明星せいやの圧倒的トーク力!!

『霜降り明星』せいやの『すべらない話』のスゴイところ!!

一番の凄さは『あの高いテンションを最後までやりきった点』ですね。これには、松本人志さんも驚いていました。

そして、話の構成力と表現力です。以下に、せいやの『すべらない話』を元に、コミュニケーション力を説明します。

【その1】「○○の話なんですけど」という出だしで話のフリをする

『前に付き合っていた彼女の話なんですけど・・・』というフリで始まりますが、その設定の仕方如何では、オチまでのエネルギーが持ちません。

せいやさんの表現力は、フリの段階での『彼女の性格』を分かりやすく伝えています。うまい具体に彼女の「やったこと」を紹介しながら、彼女の性格・特徴を伝えていますね。

【その2】その場にいるかのような臨場感を表現する力

『すべらない話』が現代落語だと言われる理由の一つが、話者が状況を説明する手法が「落語そのもの」だからです。

せいやさんの『彼女の話』では、身振り手振りを交えながら、「自分の台詞」「彼女の台詞」「状況説明」を臨場感を出しています。そのリアルさゆえに『情景が浮かぶ』ほどです。

【その3】面白さのポイント『天丼』を使う!!

『天丼』と言うのはお笑い用語で「面白さのポイント」を天丼と呼び、ネタの中に何度も使います。漫才のネタでは、「天丼」を何度も使って、笑いを起こします。

ただし、「天丼」を何度も使うと、くどくなるので逆に空気が悪くなる場合もあります。

【その4】『一人話』なので、ツッコミのやり方が漫才と異なる!!

せいやの2本目の話『女王様』では、一部の表現で『間がポン!!』というくだりで、話が分かりにくかったので、先輩芸人の千原ジュニアが“助け舟”を出しています。
つまり、視聴者に『間がポン!!』が伝わらないと感じた咄嗟の助け舟でしたね。

【その5】厳選された「オチ」と天丼!!

せいやの『彼女の話』は、奇想天外のオチがありました。実は、このオチが『妊婦をナンパしてしまった!!』というものでした。それまでの「彼女との話」は、このオチのフリにもなっていたわけです。

これは、理想的な「オチ」でした。最後の最後で奇想天外のオチと強烈なインパクトが残りました。

【その6】構成力の凄さ!!

せいやの『すべらない話』は、昔つきあった彼女の独特の性格→デートの際のエピソード→オチ・・・という流れですが、構成力がバツグンです。

トイレの中に逃げこんだせいやに『怒りの彼女の行動』のくだりで、彼女の可愛い場面の要素をちょっと入れるなどは、その技術力に脱帽でした。

 

スポンサードリンク

まとめ:お笑い芸人のレベルはムリだが、参考になる!!

せいやの『すべらない話』は、この放送回は2本ありましたが、最優秀賞に選ばれたのは『SM嬢の話』でしたが、筆者は『彼女の話』の方が面白かったです。

せいやの『すべらない話』以外にも、他の芸人の面白いテッパンネタはたくさんあります。一般の方が『お笑い芸人のレベル』に達するのはムリですが、皆さまが『これは面白い!!』と感心したネタを選んで何度も聞いていたら・・・。

多分、皆さまの「コミュニケーション能力」は高まっていくこと間違いないでしょう!!

参加チケット購入_趣味コン

「コミュニケーション能力」を高めて↑ 「街コン」などにも参加してみてください!!

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました