【ワイドナショー】お笑いGP優勝のコウテイ出演|衝撃トークで爪痕

トレンド
この記事は約4分で読めます。

2020年7月19日のフジテレビ『ワイドナショー』は、冒頭から悲しいニュースの話題で始まりました。18日にお亡くなりになった三浦春馬さんのご冥福をお祈りします。このほか、お笑いGPで優勝した「コウテイ」が出演、衝撃トークで爪痕を残しました。筆者は、M-1グランプリの記事を多数、書いていますが、実は今年のファイナリストにコウテイが出てくると予想しています。(トップ写真は「ワイドナショー」画面から転載)

 

とっくん
とっくん

皆さま、お疲れさまです! とっくん(@不動産投資家)です。
今回の「ワイドナショー」は重い雰囲気で始まりました。この番組は、事前収録と聞いていたので「三浦春馬さんのニュース」は取り上げられないと思っていましたが…

三浦さんが亡くなったのが7月18日、ワイドナショーが19日でしたからね…。松本人志さんもコメントしにくそうだったですね。

 

とっくん
とっくん

ボクは「松本人志さんのことを追っている」ので、以前のことですが…、松本さんがラジオ番組で自殺する人に対する“コメント”をしたことがあって、これが物議を醸しだしたことがあった、のを思い出しました。

 

松本人志の放送室(266回・345回)自殺する奴はアホ

 

 

【ワイドナショー】三浦春馬さん死去▽お笑いGP優勝コウテイ出演

松本人志さんの「自殺者」に対するコメントは、今から14年前の2006年の放送でしたが…、筆者は、松本さんと同年代なので、彼と同じ時代を生きています。

筆者自身の体験で言えば…、可愛がっていた高校の後輩が、女性タレントの岡田有希子さん(故人)と同じビルから飛び降りて亡くなった…ということがありました。

その当時のことを振り返ると…、有名人の「自殺の報道」がその後の“後追い”を誘発していく様を間近に感じたので、今回の「三浦春馬さんの悲劇」をメディアがどのように報道するか⁈に注目をしています。

三浦さんのご冥福をお祈りしております。

(このブログでの「ワイドナショー」ネタは→コチラです

ワイドナショー【俳優・三浦春馬さん死去▽GoToキャンペーン東京除外】

俳優・三浦春馬さん死去▽30年ぶり最年少記録!藤井聡太“新棋聖”誕生▽GoToキャンペーンから東京除外の波紋▽コロナ禍初の賞レース!お笑いGP優勝のコウテイ出演

出演者
【MC】
東野幸治、久代萌美(フジテレビアナウンサー)

【コメンテーター】
松本人志(ダウンタウン)、ウエンツ瑛士、神田愛花、古舘伊知郎

【ワイドナ元サッカー日本代表】
前園真聖

【ワイドナ弁護士】
犬塚浩

【ワイドナ芸能リポーター】
駒井千佳子

【ワイドナティーン】
小高実優

【ワイドナ専門家】
加藤一二三、コウテイ

 

 

【新世代の漫才‼】コウテイが第41回ABCお笑いグランプリで優勝

「第41回ABCお笑いグランプリ」で優勝した「コウテイ」ですが、1本目は漫才、決勝はコントでした。

このABCお笑いグランプリは、ダウンタウンの松本さんも優勝経験があり、ツイッターで以下のように発言しています。

 

 

筆者は、毎年、12月に決勝を迎えるM-1グランプリに注目して、そこに台頭してくる若手漫才師をチェックしています。

 

 

 

スポンサードリンク

まとめ:ワイドナショーでネタとトークを披露した「コウテイ」は⁈

この日の放送でネタを披露した「コウテイ」は、コントを披露しました。筆者は、M-1グランプリファンなので「漫才」を期待していましたが…。

司会の東野さんから『今後、出たい番組は?』と聞かれたら…、九条ジョーさんは『(松本人志さんプロデュースの)ドキュメンタルに出たい…』と答えました。

ネタの後のトークが凄かったですね⁈ これって「放送事故レベル」じゃないでしょうか?かなり面白かったのですが…、相当なインパクトを残したかと思います。

本日も、ブログ記事を最後までお読みいただき誠にありがとうございました‼

 

M-1グランプリのテレビ朝日などテレビ業界への就職を考えている人は↓
テレビ朝日アスク・オンライン講座はこちら

↓ このブログサイトはWordPressとエックスサーバーを使っています。
WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました